COLUMN

追悼ピエール・ブーレーズ:現代音楽、コンピューター・ミュージック、そして著名な指揮者でもある歴史的重要人物の偉業

EXOTIC GRAMMAR VOL.43

Pierre Boulez and Andrew Gerzso (Ircam music computer designer)
Pierre Boulez and Andrew Gerzso behind an electroacoustic system for Repons, Espace de projection at IRCAM (undated) (C) Ralph Fassey

 

ラマンタシオ-哀歌-

 かつて筆者はIRCAMの地下にあるスタジオで、たまたまソフトウェアのマニュアルを取りにいくために別のスタジオへ探しに行った。いずれのスタジオでも置いていないので、もう見つからないのかと諦めかけていた矢先に、最後のスタジオで思いもよらない光景に出くわした。あまりにも予期していなかった光景なので唖然と立ちつくしてしまった。そこにはなんと、あのピエール・ブーレーズがコンピュータの前で何やら取り組んでいたのだ。何か大げさな表現のようだが、その場のある特別な空気と光を感じざるをえなかった。後光が射して見えるという神格化する意味ではなく、ただ単に特別な雰囲気という意味だけである。予期せずブーレーズがその場にいたことも驚きであるが、むしろその瞬間はその特別な雰囲気に驚いたと言うのが正直なところだ。なぜか探し回っていたマニュアルがそのスタジオに限ってあったが、さすがにその場所に入ることが出来なかった。すぐに謝り、その場を去ることしか出来なかった。

 その頃、ブーレーズは彼の(Maxのプログラミングなどの)アシスタントのアンデュルー・ゲルツォーと一緒にスタジオで《ヴァイオリンのためのAnthemes(アンテム)》の再演のためにあらたなヴァージョンに取り組んでいたのだ。ちなみにブーレーズはすでに初演された作品を、演奏される度に何度も修正し直すことで知られている。本人がMaxのプログラムを書いたことはないとしても、多分たまたま出くわした時は、そのプログラムを本人自身でテストしていたのだろう。IRCAMから帰路につく途中、その事を再び思い出し、もし自分があの年になってもまだコンピュータのプログラムを触ったりしているだろうかと改めて考えさせられた。実際に我々日本においてあの世代でコンピュータを扱いながら作品を発表する作曲家が何人いるのかと視点を置き換えて考えてみてもいいであろう。

 話は変わるが、ブーレーズはIRCAMを設立して、しばらくディレクターとして働いた後、長い間名誉ディレクターとして席を置いていたに過ぎない。それでもしばしばIRCAMの廊下等で出くわすことはあった。意外と背は低く、とても穏やかに話をする氏であった。普段目にすることができる写真と比べれば、予想する以上に歳はとって見えた。もちろん年齢から考えれば当然である。しかし、それでも晩年に至るまで世界中の重要なオーケストラの指揮を続けた。今でも、《レポンス》(1980/82/84)を自ら指揮していた光景を覚えているが、指揮に立つと全く異なる人物に見えたものだ。

 この《レポンス》も何度も改訂されたことは有名である。実は初演の際は、途中でコンピュータがフリーズしてしまったアクシデントがある。あの完璧主義のブーレーズの作品でこのようなアクシデントがあり、そこでの会場はとてつもない凍り付いた雰囲気に一瞬なったという。すぐ指揮をしている本人が聴衆側に振り向いて、コンピュータをライヴエレクトロニクスとして扱う困難さに軽く触れ、謝罪してからは、その場の雰囲気は少しは和んだと言う。しかし、それは80年のコンピュータを使用してでの話であった。実際にはライヴエレクトロニクで使用できる性能を十分に備えているコンピュータは当時にはなかった。しかしそれでも、あえてそれを用いて作品をすでに制作していたのである。この作品は未だにライヴエレクトロニクスのコンピュータと楽器のための作品として重要な位置を占めている。

 再演の際にリハーサルで扱っていた楽譜をブーレーズのアシタントから借りて見せてもらったことがある。さらに別のアシスタントが、後の別の機会のリハーサルの際に録音したレポンスを借りて聴かせてもらった。上記の楽譜と、この録音を合わして聴いたところ、何度聴いてもそれらが一致しない。やはりこれも随分と改訂されていたのだ。さらに最後に実際に聴いたヴァージョンでもさらに異なっていた。つまり作品の完璧さとさらに高い質を求めて、何度も、そして何度も改訂しているのだ。このとことん完璧を求める信念については尊敬の念を抱かざるを得ない...。

 人の死はときにはある感慨を与えるものであり、悲しいものでもある。現代音楽、コンピュータ・ミュージック、そして著名な指揮者でもある歴史上重要な人物が、去る2016年1月5日に 、この世を去っていった。世界中で多くの人々から惜しまれ、生前の偉業は改めて振り返られ、評価されることになる。偉大なものを作り上げた者だけに許されることは、その作品が彼等の分身としていつまでもこの世の中に残り続けることができることである。改めてその人物の生涯を振り返ることになる際に、 その偉業は高い歴史的な位置づけとして再確認されることになる。その人物とは、すでに何度も名前が出てきたピエール・ブーレーズ(1925年3月26日、フランス、モンブリソン生まれ、2016年1月5日、ドイツ、バーデン・バーデン没)である。

 

(C)Jean Radel

 

■1945年-50年代前半のトータル・セリエリズム

 1945年という年は世界的に社会の変革の年であるのみならず、音楽の世界にとってもとても大きな転換期であった。戦争中に情報は閉ざされ、ヨーロッパではナチスによって進歩的な音楽は禁止されていた。戦後、これにより聴くことができなかった現代音楽を取り上げるコンサートがドイツの各地で積極的に催された。当時のパリ音楽院では異端扱いをされ評判も悪かったメシアンは、実は和声法の教師にすぎなかった。作曲家の教師としてみとめられたのは60年代で、それまでは私的塾をひらいて当時の先鋭的な作品の分析をおこなった。そこには、ピエール・ブーレーズ、カールハインツ・シュトックハウゼンが参加した。一方で、シェーンベルクの弟子であったルネ・レイボヴィッツが、同様に私的にワークショップを開いて、ウィーン楽派の特にセリー音楽を教授した。そこにも新たな音楽を渇望していた若いブーレーズらが参加していたのは言うまでもない。

 

■トータル・セリエリズムと点描音楽

 当時の前衛の作曲家が12音技法などのような論理的な作曲技法と深く関わったもう一つの理由がある。戦後の作曲家は、戦争によって破壊された作曲界をゼロから作り直そうとした。それまで貯えた記憶や習慣を排除するために、客観的な方法で音楽を新たに作り直そうとした試みにも由来しているのである。セリーによる作曲は今日ではもはや音楽史上での過去のものとなってしまった。しかしその当時を振り返れば、音楽が内包するすべてのパラメータの解体と、新たな音楽の構築を導き出すための客観的な方法論は必然的であり、この50年代のセリー音楽手法以降の傾向もこれを元に何らかの影響を大きく受けている。

 トータル・セリエリズムと呼ばれるこの技法は、音高、リズム、強度、音色をセリーによって組織化する方法であり、戦後の中心的な作曲技法であった。シェーンベルクの時代の12音技法の場合では、音楽の解体という面では、音高というパラメータのみが扱われ、他の要素は依然として伝統的な方法に頼るものであった。このような音楽が成熟しつつあった50年代の前半に、エレクトロニック・ミュージックの技術の出現によって、数学的なアプローチによるエレクトロニック・ミュージックが進展した。従って、トータル・セリエリズムとエレクトロニック・ミュージックが密接な関係となって双方の発展に貢献したのである。

 

■1945年−50年代前半のブーレーズ

 ここでブーレーズのトータル・セリエリズムの代表作を見ていこう。ブーレーズは1940年代にパリの若いセリー音楽の作曲家の間ですでに注目を浴びていた。当時のブーレーズの主な作品に、《ノタシオン》(1945)、《水の太陽》(1948)、《婚礼の顔》(1946)、《四重奏のための書》(1948-9)、《ポリフォニーX》(1951)などが挙げられる。《ピアノ・ソナタ第2番》(1948)はセリー技法をさらに発展した作品で、音高とリズムの構造的な一貫性が特徴である。《構造Ia》(1952)では音高のセリーと32分音符を使った半音階的持続セリーが結びつけられている。それは、強度とアタックのモードをも支配する。ここではある意味作曲家の決定は素材の予備的準備にあたり、セリーによって作曲は自動的に完結するのである。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるブーレーズの〈ノタシオン第二番〉

 


■初期エレクトロニック・ミュージック

 1948年に、ミュージック・コンクレートを考案したピエール・シェフェールは、同年に作品の《鉄道のエチュード》も発表した。これは現実の音を録音して、電子的に変調させる基礎技術、つまり、テープの逆回転による音の逆行、再生速度を変えることにより音高を変化させる方法などの技術を使った作品である。これにはセリーの技法が大きく適用された。テープを用いることにより厳密に時間を操作することも可能となった。

ピエール・シェフェール〈鉄道のエチュード〉

 

 1950年代初期頃の若いセリー作曲家達が、すぐにこの新しいエレクトロニック・ミュージックの技術に大きな関心を持ったことは必然的なことであった。複雑で厳密な音価は、テープにミリメートルで指定して再生することによってしか可能ではないだろう。つまり、器楽の演奏者では大まかな値でしか演奏することしかできないからである。

 エレクトロニック・ミュージックのリズムと音色を明確に指定できるという点に惹かれて、メシアンとブーレーズを含む数人の弟子は、1952年にシェフェールのスタジオにおもむいた。彼等は、セリー技法への関心をこの新しい技術によるさらなる可能性を求めたのである。つまり、音高、リズム、音色、音量のセリー構造を厳密に作り出すために電子技術に委ねることであった。ブーレーズは《ひとつの音による習作》(1951-52)、《7つの音による習作》(1951-52)をそこで制作した。しかし、ブーレーズが本格的にエレクトロニック・ミュージックと関わるようになったのは、実質的には70年代以降で、IRCAMにてコンピュータによるライヴ・エレクトロニクスを用いるようになってからである。

 

(C)Jean Radel

 

■1950年代後半の点描音楽からの逸脱

 1950年代後半は、すでに多くの作曲家が点描音楽から抜け出そうとしていた時期であり、作曲システムだけでなく声の扱い方や空間性などのような要素も主要なアイデアとなって、作品スタイルが多様化し始めた時期であった。

 《主なき棺》(1953-55)は、女声(アルト)と6重奏のための作品で、ルネ・シャールの詩が使われている。トータル・セリエリズムを発展させた手法で書かれているが、音色の扱い方、また、それまでトータル・セリエリズムでは解決されていなかった詩とセリエル音楽の関係、そして全体の構成方法に関して考え抜かれた作品である。ブーレーズ自身、世界的な名声を確立する契機となった作品である。

 しかし後に1980年代を最盛期とするポストモダニズムの時代では、前衛音楽の運動に対抗する傾向があり、ブーレーズらは再び批判の対象となった。そのころは、若い作曲家たちがむやみやたらに彼らを批判するポーズをとって、進歩的な作曲家の1人のふりをする安直な傾向もあったが、今ではノーノやシュトックハウゼンも含め、ブーレーズは既に他界しており、歴史的な作曲家に対して対抗意識を持つのは陳腐なことで、さすがにだれもそのようなことを口にはしなくなった。実際には、彼らが築き上げたトータル・セリエリズムは、後に彼ら自身がそれを否定して、1960年代以降はおのおのが異なる道を歩むことになったのである。

 

■IRCAM について

 フランスはパリの中心部、4区にポンピドー・センターがある。そこには現代美術作品が展示してあり、鉄パイプがむき出しのような変わった外観の建物で、常に多くの観光客で賑わっている。IRCAMはそのポンピドー・センターのすぐ横に位置している噴水の前に建物を構えている。

 IRCAM は今でも世界的に有名なコンピュータを使った音楽作品の制作スタジオ、研究所の一つである。過去にMaxやChantなどの独自のプログラムを開発したことで知られるが、現在ではそれらをさらに発展させた新たなプログラムを発表している。いわゆるテクノロジーのみを開発する研究所ではなく、作品の制作/発表も精力的に行っており、設立当初より音楽と科学を融合させた作品の制作、研究を主眼としている。

 もともとIRCAMは1969年にブーレーズによりポンピドー・センターの一部として設立された。ディレクターは1992年よりローラン・ベール、そして2002年からベルナード・スティーグラー、2006年よりフランク・マドルナーが務めている。ブーレーズは名誉ディレクターとして席を置いていたが、実質的には実務には関与していなかった。むしろ作曲家としてしばしば作品を制作しに来ていたのが実情だ。建物は地下2階/地上4階という構造で、地下にはエスパス・ドゥ・プロジェクションというコンサート・ホールもあり、1978年の増築以来、そこでのコンサートも可能になった。ちなみに、このホールは壁がコンピュータ制御で可動する仕組みになっており、壁の角度をコンピュータによって自由に変えることで残響時間を自在にコントロールすることができるため、当初は随分と話題になっていた。

 

Pierre Boulez with, from left to right, Didier Arditti (sound engineer), Andrew Gerzso (computer music designer), Pierre Boulez, Giuseppe Di Giugno (reseracher) working with the electroacoustic system for Repons in the Espace de projection, 1980.(C) Fabien Chalhoub.

 

■他の研究所との相違点

 他の研究所と比較して特徴的な点として、IRCAMでは作曲家、技術者、プログラマー、研究者、管理者の仕事が明確に分担されており、いずれかが重複することはまずないという点だ。例えば作曲家がテクノロジーを用いて作品を制作する際は、上記のブーレーズの例のように技術者がそれに助力するというシステムで、必ずしも作曲家が十分な技術を持つ必要はない。もちろん現実的には、作品制作には作曲家にある程度の技術の知識は必要であるし、特に優れた作曲家は自ら新たな開発をして個性的な自分の作品に取り込んでいる。

 いずれにせよ、現状でもすでに世界中に多くの研究所が存在するが、IRCAMのようにコンピュータに関する音楽のみに専念している研究所は、世界的にもまれだ。この分野の研究が行われている場所と言えば、大抵はメディア・アートの研究機関の一部であるか、一部の学校機関ぐらいである。世界的に見てもメディア・アートの研究機関では、音楽部門は多くの場合、さほど重要視されていないし、学校機関の場合は教育目的が主点であるため、外部のアーティストを受け入れるシステムはほとんどない。さもなければ、音楽のためでありながらも、非常にアカデミックなアプローチに片寄りがちである。特にアメリカの大学などはその傾向が顕著で、技術者が仕事の傍ら作曲しているような場合が殆どだ。そこで作曲されたものは技術的には高度であるかもしれないが、音楽的には幼稚な場合が多く、音楽作品が目的なのか、コンピュータ・サイエンスが目的なのか、その辺のコンセプトが不明瞭なケースが多い。そういった機関に比べると、コンピュータの音楽制作を中心にしたIRCAMのコンセプトはかなり異なっており明確である。

 

■ブーレーズが残したもの

 ブーレーズの死は世界中の人々から惜しまれた。そして、生前の偉業は改めて振り返られ、評価されている。それは、偉大なものを作り上げた人だけに許されることなのかもしれない。氏が残したものが後世に与えるであろう影響の大きさを改めて考えさせられた。

 因みに筆者の個人的な事になるが、来る3月に筆者の書籍とCDがほぼ同時期に発表される。書籍は、『Emprise(エンプリズ)~現代音楽の系譜から、コンピュータ・ミュージック、エレクトロニック・ミュージック、ニュー・メディア・アート、新たなパフォーマンスへの進化』(http://www.stylenote.co.jp/news/20151230.html)でブーレーズやIRCAMの詳細が載っている。CDは『CsO』で筆者がIRCAMで制作した作品も含まれている。ここで述べたブーレーズやIRCAMの参考資料としても十分になるので是非参照して貰いたい。

 


Pierre Boulez(ピエール・ブーレーズ)[1925-2016]
作曲家、指揮者。1925年南仏モンブリゾンに生まれる。パリ音楽院で、オリヴィエ・メシアン、ルネ・レイボヴィッツに師事。46年にはジャン・ルイ・バロー劇団の座付き作曲家・指揮者となる。67年クリーヴランド管弦楽団の首席客演指揮者に、71年にはBBC交響楽団の首席指揮者、ニューヨーク・フィルの音楽監督に就任。78年すべての指揮活動から一度は退くも、91年活動を再開。ウィーン・フィルの定期演奏会のほかレコーディング活動も積極的に行い、注目され続ける指揮者の一人。2016年1月5日死去。享年90歳。


寄稿者プロフィール
後藤 英(Suguru Goto)

作曲家、ニューメディア・アーティスト。国際的に評価されており世界活地で活躍。フランス語、英語、ドイツ語、日本語の4カ国語を巧みにこなし、世界中を斬新で刺激的な作品で新たなテクノロジーと関連させて発表している。フランス、パリにあるポンピドゥー・センターのイルカムの招待作曲家、研究員、ボルドー芸術大学の准教授。2000年、東京フィルハーモニーによりオーケストラ作品《ResonanceII》がオーチャード・ホールにて初演された。


LIVE INFORMATION

- SHOW -
○3/22(火)
出演:後藤英アントワーヌ・シュミットルシオ・アリーズパトリック・デファースン
会場:渋谷 www
www-shibuya.jp/

- WORK SHOP -
○3/23(水)3/24(木)
出演:後藤英、アントワーヌ・シュミット、ルシオ・アリーズ、パトリック・デファースン
会場:3331 Arts Chiyoda 1Fコミュニティースペース、ラウンジ
www.3331.jp

- RELEASE PARTY -
出演:後藤英/アントワーヌ・シュミット/ルシオ・アリーズ/パトリック・デファースン
会場:T-Art Gallery TERADA SOUKO
www.terrada.co.jp

関連アーティスト