2016.03.24

己の道を突き進むテクノ界の鬼才、アンソニー・チャイルドによる、サージオン名義では5年ぶりのアルバム。アンビエントやエクスペリメンタルな方向性に向かっていた彼が、ついにノイズの領域へ。それでいてテクノ的なカッコ良さをキープしている点にも痺れます。これはノイズをミニマル加工して宇宙と交信する音楽とも形容できるでしょう。未来的なようで原始的な感じもして……凄い場所に足を踏み入れているなと思います。

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop