2016.05.10

鳴り物入りっぽく注目され、ファッション・アイコン色も強かった彼女だが、セッション・ミニ・アルバム『K5』で得た経験が大きいのだろう。ここにきてその真価が花開いてきた印象を受けるセカンド・フル・アルバム。今回は織田哲郎亀田誠治蔦谷好位置ら一流プロデューサー陣と呼応し、ロックなドラムで飛ばすばかりでなく、しなやかな歌謡性も立派に磨き上げた快作となった!

pagetop