高橋芳朗presents「タワレコ洋楽月報」ブログ

放送後記:2014年5月12日

 

タワレボ発〈あと半歩、洋楽に近づきたい貴方に送る360°洋楽エンターテイメント番組〉=「タワレコ渋谷洋楽第二企画室」、進行役を務める音楽ジャーナリストの高橋芳朗です。前回4月30日の番組開始記念特番を経て、いよいよ今回よりレギュラー放送がスタートいたしました!

 

 

冒頭の〈リサ、はじめての千円生活〉ではバニラビーンズのリサさんがジョニ・ミッチェルの代表作『Blue』(1971年)を購入。収録曲の“A Case Of You”をジェイムス・ブレイクのカヴァー(2011年)と聴き比べてみました。夏草の匂い漂うさわやかなジョニ・ミッチェル版と夜の闇の奥深くで鳴っているようなジェイムス・ブレイク版、皆さんはどちらのヴァージョンがお好みでしょうか? ちなみに“A Case Of You”の〈case〉はサビの歌詞(あなたは私の血のなかに聖なるワインのように流れてる。あなたはとても苦くてとても甘い。あなたのことならひとケース分だって飲み干せてしまうわ。それでも私はちゃんとひとりで立っていられるの)にもあるように〈場合〉ではなく〈ひとケース〉を意味する〈case〉になります!

続いては、早くも看板コーナーになりそうな予感の仁義なきフロア抗争=〈バイヤーズ・バトル!〉。今回もタワレコ渋谷店の3つの洋楽フロア、4階・5階・6階のバイヤーさん計6名による渾身のプレゼンが炸裂しました! 2回目にして6アイテム中半分がリイシュー盤/旧作という予想外の戦いが繰り広げられたなか、見事勝利をつかんだのは……その強烈なキャラクターでTwitterのタイムラインも騒然となった4階ワールド/レゲエ担当の磯野カツオさんでした! これによってまさかの4階フロア2連勝、審査員のリサさんがバランスを取る気などさらさらないことがハッキリしたと思います!

番組の締めくくりは、私、高橋芳朗の選曲による特集コーナー。記念すべき最初のレギュラー放送ということで〈自分の葬式でかけたい曲を考える!〉という壮大なテーマと向き合ってみました! イギリスのデイリー・テレグラフ紙が選んだ〈Top Ten Funeral Songs〉や映画「ハイ・フィデリティ」の〈自分の葬式で流してほしい曲トップ5〉を参考に、熟考を重ねて選んだのはボブ・ディランの“Wigwam”とジョン・コルトレーンの“Dear Lord”。湿っぽすぎない、ほのかな希望をにじませたぐらいのサジ加減の曲がちょうどいいと思うんですけど……どうでしょう?

というわけで無事に船出を迎えた「タワレコ渋谷洋楽第二企画室」、次回放送は5月26日(月)20時よりタワーレコード渋谷店5階特設ステージから生放送でお届けいたします。お見逃しなく!
※配信スケジュールについて詳しくはタワレボにて

 

 

タワーレコード渋谷店にも5階には番組の特設ラックを設置しています。お店にお立ち寄りの際はぜひチェックしてみてくださいね!

※番組へのご意見やリクエスト、取り上げてほしいテーマなどTiwtterで募集しています。この番組のTwitterアカウントをフォローしていただき、ハッシュタグ【#タワレボ】と【#渋2】をつけて、どしどしツイートしてください。よろしくお願いします!
※Twitterはこちら 

 

 5月12日放送分プレイリスト

*新譜さんいらっしゃい!
Chromeo feat. Toro Y Moi ”Come Alive”
from 『White Women』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

*リサ、はじめての千円生活
Joni Mithcell “A Case Of You”
from 『Blue』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

James Blake “A Case Of You”
from 『Enough Thunder』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

*推薦曲
Tune-Yards “Water Fountain”
from 『Nikki Nack』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

*バイヤーズ・バトル!
《6F》
アヴァンギャルド担当:高野直生
Max Richter “Spring 1”
from 『Recomposed By Max Richer: Vivaldi's Four Seasons』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

ジャズ担当:塩谷邦夫
Muriel Winston “Children's Trilogy”
from 『A Fresh Viewpoint』

 TOWER RECORDS ONLINE

 

《5F》
ロック/ポップス担当:長崎耕平
The Rah Band “Electric Fling”
from 『The Crunch And Beyond』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

ロック/ポップス担当:武田晃
White Lung “Take The Mirror”
from 『Sorry』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

《4F》
ワールド/レゲエ担当:磯野カツオ
Winston McAnuff & Fixi “You And I”
from 『A New Day』

TOWER RECORDS ONLINE

 

レゲエ担当:桜井一毅
The Viceroys “Sugar & Spice”
from 『Sugar & Spice: 14 Studio 1 Rock Steady Sure Shots』

TOWER RECORDS ONLINE

 

*推薦曲
Lily Allen “Insincerely Yours”
from 『Sheezus』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

*特集
[自分の葬式でかけたい曲を考える!]

Frank Sinatra “My Way”
from 『Icon: Frank Sinatra』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

Jimmy Cliff “Many Rivers To Cross”
from 『Icon: Jimmy Cliff』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

Aretha Franklin “Angel”
from 『Free Soul: The Classic Of Aretha Franklin』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

Bob Dylan “Wigwam”
from 『Self Portrait』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

John Coltrane “Dear Lord”
from 『The Gentle Side Of John Coltrane』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

【プロフィール】
高橋 芳朗

高橋 芳朗

元タワーレコード渋谷店スタッフにして元bounce編集部員な音楽ジャーナリスト/ラジオパーソナリティー。東京都港区出身。詳しくはTwitter @ysak0406 にて。タワレボ〈高橋芳朗presents タワレコ洋楽月報〉の紹介を中心にあれこれと。

タワーアカデミー
pagetop