2016.05.20

レトロ・ソウルマンという呼び名が真に相応しいシンガーから、Nao Yoshiokaとのライヴ盤を挿んで2年ぶりの新作が到着。今回はバンドを従えた新名義でさらにソウルの真髄に迫った痛快作だ。サザン・ソウルドゥワップを繰り出すヴィンテージな生音の上で、若きマーヴィンを思わせる情熱ヴォーカルが水を得た魚のように熱いしぶきを上げる様は過去最高。リオン・ブリッジズもいいけどこちらも聴かなきゃでしょ。

pagetop