2014.04.25

時流の推移と彼ら自身の変化もあって当時の評はいささか微妙だったセカンド・アルバム(ツェッペリンのリマスターが出た時期にもシンクロしていた記憶がある)。いま聴けば長い長い黙示録イントロからの展開にも価値を感じられるし、解散劇を経てカムバックしたいまだからこそ、骨太な〈ブリティッシュ・ロック〉アルバムとして評価されたし。

関連アーティスト