Keith's Counterpoint

新しい音楽を求めるあなたに…〈フジロック〉〈サマソニ〉に出演する極私的注目アーティストを紹介!

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016.05.30

Scroll down to read original article in English

大型フェスティヴァル〈FUJI ROCK FESTIVAL〉と〈SUMMER SONIC〉が、すぐそこまで近付いてきている。ただ野外で楽しむために、あるいはヘッドライナーを観るためにフェスに参加する人も多いだろう。しかし、もしあなたが新しい音楽との出会いを求めているタイプであれば、ここでもっとも話題となっている注目アーティストやニューフェイスたちを少しばかり紹介しよう。ぜひ参考にしていただきたい。

 

〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の注目アーティスト

コン・ブリオ

サンフランシスコを拠点に活動するR&Bバンド。マイケル・ジャクソンの聴かせどころのあるポップさと、スライ・ストーンの多民族的でホーンが効いたファンクの両方からインスピレーションを受けている。これまでにEPしかリリースしていないが、すでにヨーロッパ・ツアーを経験しており、腰を軸にお尻をフリフリ、ソウルフルに歌うヴォーカルのジーク・マッカーターが中心となって活力に満ちたライヴを披露し、一躍有名になった。

6月15日にリリースされるファースト・アルバム『Paradise』収録曲"Free & Brave"

 

デフヘヴン

同じくサンフランシスコ出身のデフへヴンは、メタルの世界で話題になっている。もともとはライズ・オブ・カリギュラというグラインドコア・バンドのメンバー2人が結成したバンドで、ブラック・メタルに影響を受けながらも、ポスト・ロックシューゲイザーの要素も併せ持って変化を遂げた(ベーシストのニック・バセットは人気シューゲイザー・バンド、ワーのメンバーでもある)。2015年作『New Bermuda』は、基本的にはあまりメタル推しではないウェブサイトであるStereogumやPitchfork、Consequence of Soundをはじめ、多数のメディアで取り上げられた。

2015年作『New Bermuda』収録曲"Luna"のライヴ映像

 

ジェイク・バグ

イギリス出身のシンガー・ソングライターである彼も高く評価されており、ボブ・ディランジョニー・キャッシュドノヴァンドン・マクリーンとよく比較される。2013年に弱冠18歳にして“Lightning Bolt”がUKチャート1位を獲得し、有名になった。しかしUSでは彼のデビュー・アルバム『Jake Bugg』はチャート75位に留まることに。グルーヴを生み出す大御所、リック・ルービンビースティ・ボーイスレッチリなど多数のビッグ・アーティストを手掛けたことで有名)がプロデュースしたセカンド・アルバム『Shangri-La』は、またもやUKではヒットしたが(チャート3位)、USではトップ40に喰い込むことはできなかった。サード・アルバム『On My Own』は、6月17日にリリースされる。

ニュー・アルバム『On My Own』収録曲"Love, Hope And Misery”

 

コートニー・バーネット

オーストラリア出身のDIYシンガー・ソングライター。どんなサウンドかというと……うーん、引き合いに出せるアーティストが思い浮かばない。ちょっぴりフォーキーで、時にサイケデリック。歌詞がウィットに富んでいて風変わりで、死んだアザラシやエレヴェーター係、折り紙、剥製術、住宅ローン、有機野菜、そして愛などが登場する。2015年にリリースされたアルバム『Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit』は世界的に高く評価され、グラミー賞〈最優秀新人賞〉にノミネートされた。

2015年作『Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit』収録曲“Pedestrian At Best”

 

ロバート・グラスパー

ジャズ界の重要人物であり、ポップの世界でもヒットする、稀で貴重なジャズ・アーティストだ。クリスチャン・マクブライドロイ・ハーグローヴといった若きジャズ・ジャイアンツのバンド・メンバーとして演奏を始め、ブルー・ノートと契約してからはリーダー作を制作している。多才なピアニストであるグラスパーは、他のジャズ偉人たちと同様にゴスペルやヒップホップ、R&B、デューク・エリントンレディオヘッドが融合したような独自のジャズ・フレイヴァーを生み出す。ロバート・グラスパー・エクスペリメント名義での2012年作『Black Radio』で大ブレイクし、グラミー賞〈最優秀R&Bアルバム〉を受賞した。先日マイルス・デイヴィス&ロバート・グラスパー名義でアルバム『Everything’s Beautiful』をリリース。マイルスの楽曲をベースにした作品で、エリカ・バドゥビラルスティーヴィー・ワンダーキングハイエイタス・カイヨーテローラ・マヴーラジョン・スコフィールドほか多数のアーティストをフィーチャーしている。

マイルス・デイヴィス&ロバート・グラスパー名義でのニュー・アルバム『Everything’s Beautiful』収録曲“Ghetto Walkin'”

 

Homecomings

京都出身の3人の女子+1人の男子から成るこのロック・バンドには、ある種のインディー・ロックのヴァイブと、少し80年代っぽさがあり、良い感じのヴォーカルが魅力的な雰囲気を醸し出している。ちょっとベスト・コーストのような感じかな。HALFBYと同じレーベル(SECOND ROYAL)に所属しており、新作『Sale of Broken Dreams』をリリースしたばかりだ。Homecomingsのことはそんなに詳しく知らないけど、とにかく彼らのサウンドが好き。それだけでも十分だよね?

ニュー・アルバム『Sale of Broken Dreams』収録曲“Don't Worry Boys”

 

〈SUMMER SONIC〉の注目アーティスト

エル・キング

2015年のデビュー・アルバム『Love Stuff』は大評判だった。ブルースを中心に扱うレーベルであるファット・ポッサムよりリリースされ、ポップ、ロック、フォーク、ブルース、ソウルが融合している。彼女の音楽を〈アメリカーナ〉とカテゴライズする人もいるが、ブロンディドナスからも影響を受けている。全体的なサウンドは多様で、かなりポップだ。オブ・モンスターズ・アンド・メントレイン系のサウンドで、実際に彼らと一緒にツアーを回った。一方でインディー/オルタナティヴ・ロック・バンドのモデスト・マウスや、カントリー・グループのディキシー・チックスともツアーを行っている。シングル“Ex’s & Oh’s”は、USでチャート10位を記録する大ヒットに。父親はアメリカの有名なコメディアンだが、その父親の名前を借りることなく、16歳からクラブで演奏を続けながら独力で地位を築き上げた。

2015年作『Love Stuff』収録曲“Ex’s & Oh’s”

 

ナッシング・バット・シーヴス

ソニーと契約したイギリスの新人バンドで、2015年10月にリリースされたセルフ・タイトルのデビュー・アルバムはUKチャート7位を記録。ややヘヴィーなサウンドを鳴らし、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ風だが、ソングライティングにはポップな雰囲気もある。もっともユニークな点は、歌い上げながらも時折ファルセットを聴かせるコナー・メイソンのヴォーカルだ。その感情的な雰囲気から、彼はジェフ・バックリーとも比較される。シングル“Itch”はBBCラジオで取り上げられ、そのおかげでミューズとツアーを回ることになった。

2015年作『Nothing But Thieves』収録曲“Itch”のライヴ映像

 

ジェイムズ・ベイ

彼は日本でようやく話題になってきたところだが、ここ数年でもっとも話題のアーティストだ。このイギリスのシンガー・ソングライターによるフォーキーな“Let It Go”と “Hold Back the River”は立て続けに世界的にヒットした。デビュー・アルバム『Chaos and the Calm』はトップでUKチャート入りし、多数の最優秀新人賞を受賞。USではチャート15位を記録し、2015年度のグラミー賞で3部門にノミネートされた。

2015年作『Chaos and the Calm』収録曲“Let It Go”のライヴ映像

 

1975

このイギリスのオルタナ・ロック・バンドはメンバーが10代の頃に結成され、名前をさまざまに変えながらずっと活動を続けてきている。2013年、EP『Music For Cars』の収録曲“Chocolate”がラジオでエアプレイされると大ヒット。ハイド・パークで行われたローリング・ストーンズのライヴで前座を務め、大型フェスティヴァルにも出演するようになった。2013年9月にリリースされたデビュー・アルバム『The 1975』は、UKチャートで1位を記録したが、USチャートでは28位に留まる。しかし2016年初めに発表した突飛なタイトルのセカンド・アルバム『I Like It When You Sleep, For You Are So Beautiful Yet So Unaware Of It』(君が寝てる姿が好きなんだ、なぜなら君はとても美しいのにそれにまったく気がついていないから)は、UK/US共にチャート1位を獲得。プリンスとマイケル・ジャクソンから影響を受けたとメンバーみずから語っているものの、アルバムはよりファンクのフレイヴァーを増しており、デヴィッド・ボウイピーター・ガブリエルデュラン・デュランの影響も垣間見られる。派手でタトゥーだらけのハンサムなヴォーカル、マット・ヒーリーはバンドで一番の人気メンバーだが、楽器を演奏するメンバーたちもさまざまなスタイルで秀逸な演奏を見せる。

2016年作『I Like It When You Sleep, For You Are So Beautiful Yet So Unaware Of It』収録曲“The Sound”のライヴ映像

 

それでは、夏フェスを楽しんで!

 


The big summer music festivals Fuji Rock and Summer Sonic are just around the corner. Many folks just go for the fun in the sun, or to check out the headliners, but if you are one of types looking for new sounds, following is a list of some of the most talked about and promising of new faces.

Fuji Rock up & comers

Con Brio are a SF-based R&B band inspired equally by the hooky pop of Michael Jackson and the multi-ethnic horn driven funk of Sly Stone. Although they have only released an EP so far, they have already toured all over Europe and have made a name for themselves for their dynamic live show, led by their soulful, swivel-hipped singer Ziek McCarter.

Deafheaven, also from SF, are currently the talk of the metal world; born out of the grind-core band Rise of Caligula, they morphed into black metal influenced unit with traces of post-rock and shoegaze (their bassist Nick Bassett also plays in popular shoegaze band Whirr). Their album “New Bermuda” in 2015 got loads of press, including from sites like Stereogum, Pitchfork and Consequence of Sound, who generally do not have much appetite for metal.

Jake Bugg, the acclaimed British singer/ songwriter who has been compared to Bob Dylan, Johnny Cash, Donovan and Don McLean. He first became well-known in 2013, when he scored a UK #1 with “Lightning Bolt”, while still just 18 years old. His debut album however only went to #75 in the States. His second album “Shangri-La” was produced by groove guru Rick Rubin, and again did great in UK (#3) but failed to break the top 40 in the States. His third album “On My Own” is due June 17.

Courtney Barnett is an Aussie DIY singer/songwriter, who sounds like…, uh, nobody else I can think of. A bit folky, sometimes a tad psychedelic, she has a witty weird way with lyrics about dead seals, elevator operators, origami, taxidermy, home loans, organic vegetables and love. Her album of 2015 “Sometimes I Sit and Think, and Sometimes I Just Sit” won near universal acclaim and brought her a “best new artist” Grammy nomination.

Robert Glasper is a big deal in jazz, and one of those rare jazz artists that makes waves even in the pop world. He started out playing as a sideman for young jazz giants, like Christian McBride and Roy Hargrove, until getting signed to Blue Note to record under his own name. Like other jazz greats, the versatile pianist makes his own flavor of jazz, mixing in gospel, hip-hop, R&B, Ellington and Radiohead. He made his biggest break through with his 2012 album, “Black Radio” which won the Grammy for “Best R&B Album.” Due May 27 is “Everything’s Beautiful”, his album doing Miles Davis tunes, which will include collaborators with Erykah Badu, Bilal, Stevie Wonder, King, Hiatus Kaiyote, Laura Mvula and John Scofield, amongst others.

Homecomings are a three girls and a guy rock band from Kyoto, who have kind of an indie rock vibe, a little 80’s-ish, with nice vocals that give them a charming feel, maybe a little like Best Coast. They are on the same indie label as Halfby., and they have a new album “Sale of Broken Dreams” out May 11. Okay, I really don’t know that much about them, except I like their sound. That’s enough, isn’t it?


Summer Sonic up & comers

Elle King made quite a splash last year with her debut album ”Love Stuff”. Mixing pop, rock, folk, blues and soul, and having been released on the blues oriented Fat Possum, some have categorized her as Americana, but she also counts Blondie and the Donnas as influences. Her overall sound is diverse but still quite pop, in the realm of Of Monsters and Men and Train, both of whom she has toured with. She has also toured with indie/alternative rock band Modest Mouse and country group the Dixie Chicks. Her single “Ex’s & Oh’s” was a huge top 10 hit in America. Her father is a famous American comedian, but she does not use his name, and worked her way up playing clubs since she was 16.

Nothing But Thieves are a new British band signed to Sony. Their debut album was released on Oct. 2015 and climbed to #7 in the UK. The band has a somewhat heavy sound, ala Queens of the Stone Age, but also a pop feel in the songwriting. Their most unique point is the soaring, sometimes falsetto voice of singer Conor Mason, who has been compared to Jeff Buckley for his emotional feel. Their single “Itch” was picked up by BBC radio, and led to a tour with Muse.

James Bay is one of the most talked about artists in the last few years, if only now catching on in Japan. The British singer-songwriter had a big international hit with the folky “Let It Go”, and then another with “Hold Back the River”. His debut album “Chaos and the Calm” entered the UK charts at #1, and won a number of best newcomer awards. In the US the album went to #15 and gathered three Grammy nominations.

The British alt-rock band The 1975 have been playing together under various names since they were teenagers. As The 1975 they start getting radio airplay from EP’s they released, with the song “Chocolate” in 2013 being their biggest early hit. This lead to a show opening for the Rolling Stones at Hyde Park, and to major festival shows. Their self-titled debut album was released in Sept. 2013, and entered the charts at #1 in the UK, but lagged at #28 in the States. Their second album, released earlier this year, the bizarrely titled “I like it when you sleep, for you are so beautiful yet so unaware of it” went to #1 in both the US and UK earlier this year. It displays more of a funk flavor, and indeed they cite Prince and Michael Jackson as influences, but there are also traces of Bowie, Peter Gabriel and Duran Duran in their sound. The bands flamboyant, heavily tattooed, handsome singer Matt Healy is definitely the star of the band, but the instrumentalists are solid playing in a variety of styles.


Enjoy the summer festivals!

 

【プロフィール】
キース・カフーン

キース・カフーン (KEITH CAHOON)

キース・カフーン - 家族代々カリフォルニア育ちの4代目。人生のほとんどを音楽に費やしてきたその職歴には、サクラメントでのレコードショップ店員、輸入盤/インディーズ盤の販売会社経営、ロンドンでのA&R業務、日本のタワーレコードの社長兼CEO、iTunes Japanの取締役、自身が立ち上げた音楽出版/コンサル会社のオーナー兼経営者、はたまた多種のメディアでのライターとしての数々の幅広い活躍が含まれる。昨今はアジアおよび北欧の音楽シーンにも深く携わり、造詣が深い。28年間の東京生活を経て、現在はカリフォルニア州バークレーに在住――Keith Cahoon is a fourth generation Californian, who has worked in music most of his life, including stints as a record store clerk in Sacramento, running an import and indie distribution company, doing A&R in London, CEO of Tower Records Japan, Director of iTunes Japan, owner/operator of his own music publishing/ consulting company Hotwire K.K., and as a writer for a wide range of media. He has also been extensively involved with Asian and Nordic music. After a 28 year of living in Tokyo, he now resides in Berkeley, California.