2014.04.25

自身のブレイクを不動のものとしたうえ、〈インダストリアル〉をメインストリームへと導いた記念碑的な一枚。ノイズミニマル、冷徹な質感といった要素に解体されるその音楽性は、近年、ロックのみならず、テクノウィッチ・ハウスポスト・パンク精神を受け継いだインディー作品を経由して派生の一途を辿っている。そんな好景気のなか5年ぶりに発表された最新作『Hesitation Marks』では、トレントみずからも本作へ回帰すると共に、ダブステップクリック・ハウスへのアプローチを試みていた。

関連アーティスト