TOPICS

いま最注目の鍵盤奏者BIGYUKI、新味も見せるポール・サイモン新作記事が上位獲得したMikiki記事週間アクセス・ランキング

Mikikiに掲載した記事(レヴュー以外)の、5月30日~6月5日の週間アクセス・ランキングを発表します!

 

 

今週のランキングは、久々に更新された柳樂光隆氏による連載〈「越境」するプレイヤーたち〉の最新回に登場した、NYで活躍する鍵盤奏者のBIGYUKIこと平野雅之へのインタヴューに注目! 柳樂氏がNY滞在中に実現したこの取材、ここまで詳細に自身の歩みを語っている記事はレアだったこともあり、話題が集中したようです。ロバート・グラスパーマーク・ジュリアナQ・ティップなどジャズ~ヒップホップの錚々たる面々との共演/作品参加し、現行NYシーンの最前線で活躍する彼の言葉は必読!

さらに、ポール・サイモンによる5年ぶりの新作『Stranger To Stranger』を、高橋健太郎氏が紐解いたコラムも公開早々にアクセスが集中しました。クラップ!クラップ!ニコ・ミューリーといった気鋭のミュージシャンが参加しているということにも驚く(ポール氏のご子息もグッジョブ!)このアルバムが、高橋氏ならではの視点で多角的に&詳細に解剖されており、読み進めていくと聴かずにはいられない衝動に駆られます。御年74歳ながら、そのクリエイティヴィティーはまだまだパワフルですよ!

そして、THE NOVEMBERSの自主企画イヴェント〈首 Vol.11 - Deeper Than Abyss -〉の開催を前に、フロントマンの小林祐介と、共演するMONOROTH BART BARONのメンバーが集まった鼎談記事では、個人的にMONOのGOTO氏による海外での活動にまつわる豪快なエピソードにグッときたほか、THE FULL TEENZの初作『ハローとグッバイのマーチ』に際してのインタヴューや、音楽家として新アルバム『Lost Themes II』をリリースしたホラー映画の帝王・ジョン・カーペンターの魅力を中原昌也氏が語った記事など、初登場のものが多数ランクインしています!

pagetop