COLUMN

【特集:C16 PERFECT BLUE】BoyishやPictured Resort、POST MODERN TEAMら『C16』のインデックスに並ぶのはこんな面々

【特集:C16 PERFECT BLUE】Pt.2

C16 PERFECT BLUE
【特集】それぞれの感性で鳴らす〈青〉
あれから30年。日本では、ネオアコギター・ポップもパンクもハードコアもひとつのインデックス上に並ぶ、瑞々しい感性があちこちから登場しているよ!!

★Pt.1 はこちら


Boyish
ストリングスやサックスの導入によって洒脱さを増した、淡いブルーの『C86』サウンド!
 

 

 サウンド面においては、本特集のなかでも『C86』のテイストをダイレクトに継承している東京発の5人組バンド。配信やカセットテープ/ZINEといったDIYなリリースに加え、ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハートを送り出したUSクラウドベリーからの7インチやDead Funnyからの3枚のアルバムを通して80~90sのネオアコ~ギター・ポップをアップデートしてきた彼らより、新興レーベルであるbouquetへ移籍しての新作『Strings』が到着した。

Boyish Strings bouquet(2016)

 メンバー交代後の7インチを経てのオリジナル・アルバムとなる本作では、タイトル通りのストリングスをはじめ、フルートやサックス、シンセを大幅に導入。華やかさと煌めきを目一杯に纏って弦と共に疾走する“カラーフィルム”、ソウル・ポップ調の“セカンドサマーオブラブ”、スタイル・カウンシルを彷彿とさせる“長くくねった道”など、エヴァーグリーンな多幸感を放つポップソングが目白押しだ。加えて、随所に登場する歌うようなサックスが全体にメトロポリタンなAOR感を添えていて、ほんのりとした揺らぎのあるグルーヴや、モラトリアムなブルー・ボーイを主人公とする詞世界を洒脱に演出。ミックスを岩田純也が、マスタリングを中村宗一郎が担当したドリーミーな音響とのトータリゼーションで、胸膨らむような昂揚感と甘くほろ苦い時間を与えてくれる。 *土田真弓

 

 

次ページそんなわけで……『C16』のインデックスに並ぶのは、こんなラインナップ!
美しい星