COLUMN

すべてのオーケストラが本気で臨む! 首都圏10楽団による真夏の饗宴〈フェスタサマーミューザKawasaki 2016〉開催

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016.06.20

フェスタサマーミューザKawasaki 2016

ジョナサン・ノット
 

すべてのオーケストラが「マジ本気」で臨む!
~フェスタサマーミューザで首都圏10楽団、真夏の饗宴~

 干支でいえば一回り。学校が夏休みに入る7月最終週から8月半ばの「お盆」前までの暑い盛り、神奈川県川崎市の「ミューザ川崎シンフォニーホール」で首都圏のプロオーケストラ10団体と神奈川県内の音楽大学、アマチュアのオーケストラが華やかに競い合う「フェスタサマーミューザ」は、今年で12回目を迎えた。

 同ホールをフランチャイズとする東京交響楽団は毎年オープニング、フィナーレの両端を担う。今年は2014年に就いた音楽監督の契約を一気に26年まで延長したジョナサン・ノットがサマーミューザに初登場、オープニングを飾る。ノットはフランクフルト歌劇場のピアニストだった時代、当時の音楽総監督(GMD)ガリー・ベルティーニに指揮の才能を見出された。コレペティトゥーア、カペルマイスター…と古き良き時代のドイツ風の階段を上り、2000年からはバンベルク交響楽団の首席指揮者を続けてきた。

 何より知的に練り上げられたプログラミング、潜在能力を最大限に引き出すトレーニング手腕を通じ、東響の新しい歴史をつくりつつある。フェスタでもベートーヴェンの《交響曲第6番・田園》の前に、ヴィラ=ロボスが摩天楼の並びを実際に方眼紙へ写し、五線譜を書いたという《ニューヨーク・スカイライン・メロディ》、アイヴズの《ニューイングランドの3つの場所》を置いた。ノット自身の言葉によれば「今回のテーマは喜び=歓喜です。自分が住んでいるところ、自分の置かれた環境はさまざまですが、皆がともに生き、ともに働き、音楽を楽しむために集まってくる――。そのように皆が一緒にいられる場所を題材にした作品」だ。「東京交響楽団とともに川崎で生き、働く私、ジョナサン・ノット」に最もふさわしい選曲という。いきなりフィナーレに飛ぶが、1964年の初共演以来、75歳の今日まで半世紀以上も東響を振り続けてきた桂冠指揮者、秋山和慶による同じベートーヴェンの《交響曲第7番》にはまた、別の味わいがある。

秋山和慶
広上淳一
 

 次いで注目されるのはNHK交響楽団だろう。特にポストは持たないものの、定期演奏会へしばしば招かれ、韓国公演も任されるなど信頼関係のあつい京都市交響楽団常任指揮者、広上淳一の登場だけでもうれしいのに、「ヒーロー&ヒロイン大集合」と銘打った曲目の素晴らしさには「これが本当にあの“保守本流”、N響なの?」(失礼!)と、驚きの叫びを上げたくなる。《ゴジラ》《サンダーバード》《ウルトラセブン》、さらに《真田丸》までがN響の生演奏で聴ける。《ゴジラ》の伊福部昭、《ウルトラセブン》の冬木透とも、本業は音大で教えたクラシック畑の作曲家というのも、筋の通った伏線である。

 東京ニューシティ管弦楽団曽我大介新日本フィルハーモニー交響楽団上岡敏之東京フィルハーモニー交響楽団チョン・ミョンフン東京都交響楽団小泉和裕神奈川フィルハーモニー管弦楽団川瀬賢太郎…と年々、常任あるいは首席客演、名誉指揮者格のマエストロとフェスタサマーミューザに臨むオーケストラが増えてきたこともまた、フェスティバルとしてのステイタス向上を裏付ける。中でも2公演を担う地元の神奈川フィルはともに新進気鋭の常任、川瀬の指揮。R・シュトラウスの歌曲とオペラ《ばらの騎士》組曲は今年4月、東京佼成ウィンド・オーケストラへの客演でも絶賛を浴びた川瀬の新しいレパートリーで、マイ・オーケストラとの名演が期待できる。

曽我大介
上岡敏之
チョン・ミョンフン
小泉和裕
川瀬賢太郎
 

 対する読売日本交響楽団ボブ佐久間らの指揮・編曲で「フルオーケストラによる懐かしのジャズ&シャンソン」で気を吐き、日本フィルハーモニー交響楽団はチェコ出身のホルンの世界的名手、ラデク・バボラークの指揮者としての可能性をいち早く世に問う。バボラーク指揮のベートーヴェンの《交響曲第3番・英雄》だけでも好奇心は十分に刺激されるが、人気ピアニストの仲道郁代が超レア物、クーラウの《ピアノ協奏曲》でさらなる華を添える。もちろんミューザゆかりのミューズふたり、オルガンの松居直美が大人向けのバッハ・リサイタル、ピアノの小川典子が子どもたちとの「イッツ・ア・ピアノワールド」でそれぞれ、フェスタに美しいアクセントを刻むのも楽しみにしたい。

飯守泰次郎
 

LIVE INFORMATION

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2016
7/23(土)~8/11(木・祝)
~首都圏で活躍する10のオーケストラが川崎に集結!~
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール

○7/23(土)15:00開演
ジョナサン・ノット(指揮)東京交響楽団
○7/24(日)15:00開演
曽我大介(指揮)東京ニューシティ管弦楽団 神崎ゆう子(歌と語り)一音入魂合唱団
○7/25(月)19:00開演
上岡敏之(指揮)新日本フィルハーモニー交響楽団
○7/27(水)19:00開演
チョン・ミョンフン(指揮)東京フィルハーモニー交響楽団 クララ=ジュミ・カン(vn)
○7/28(木)15:00開演
ボブ佐久間、萩田光雄(指揮・編曲)前田憲男(指揮・ピアノ・編曲)斉藤明子(g)読売日本交響楽団
○7/29(金)19:00開演
ルドルフ・ルッツ&佐山雅弘(org&p)
○7/30(土)16:00開演
広上淳一(指揮)服部百音(vn)NHK交響楽団
○7/31(日)15:00開演
小泉和裕(指揮)東京都交響楽団
○8/2(火)15:00開演
江上孝則(指揮)石黒響平(vn)山田美也子(司会) かわさきジュニアオーケストラ
○8/4(木)18:30開演
秋山和慶(指揮)洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団 東京シティ・バレエ団 谷桃子バレエ団 牧阿佐美バレヱ団 洗足学園音大バレエコース生
○8/5(金)15:00開演
川瀬賢太郎(指揮)神奈川フィルハーモニー管弦楽団 﨑谷直人(vn)大島亮(va)髙橋維(S)
○8/6(土)11:00開演
小川典子(p) イッツ・ア・ピアノワールド
○8/6(土)18:00開演
松居直美(org)森麻季(S)
○8/7(日)15:00開演
ラデク・バボラーク(指揮)日本フィルハーモニー交響楽団 仲道郁代(p)
○8/9(火)18:30開演
海老原光(指揮)昭和音楽大学
○8/10(水)19:00開演 
飯守泰次郎(指揮)東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 ペーター・シュミードル(cl)
○8/11(木・祝)15:00開演
秋山和慶(指揮)東京交響楽団 中川英二郎(tb)

出張 サマーミューザ@しんゆり!
会場:昭和音楽大学 テアトロ・ジーリオ・ショウワ
○7/31(日)15:00開演 
川瀬賢太郎(指揮)神奈川フィルハーモニー管弦楽団 福田進一(g)木嶋真優(vn)横坂源(vc)
○8/7(日)15:00開演
梅田俊明(指揮)東京交響楽団 小山実稚恵(p)
www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/calendar/

ポール・マッカートニー