INTERVIEW

シシド・カフカ迎えた新曲も! TOKUが語る、ロン・カーターやZeebra参加の敬愛するシナトラ・トリビュート集スペシャル盤

シシド・カフカ迎えた新曲も! TOKUが語る、ロン・カーターやZeebra参加の敬愛するシナトラ・トリビュート集スペシャル盤

敬愛するシナトラへのトリビュート集、シシド・カフカを迎えてライヴも開催!

 TOKUが昨年5月にフランク・シナトラの生誕100周年のタイミングで、彼のヴァージョンが有名な楽曲をカヴァーしたアルバム『Dear Mr.SINATRA』を発表した。それから1年、新曲2曲を追加収録したスペシャル・エディション盤がリリースされた。2曲のうち1曲は、日高潤也率いるビッグバンド、Advanced Music Galleryと共演した《ニューヨーク・ニューヨーク》、もう1曲はシシド・カフカをフィーチャーしたオリジナルの新曲《Time is Blue》になる。

TOKU Dear Mr.SINATRA Special Edition Sony Music Japan International(SMJI)(2016)

 「日高さんのビッグバンドと再共演出来たのはうれしかったですね。《ニューヨーク・ニューヨーク》は、昨年8月のライヴで好評を得た曲だったので、ライヴに来られなかった方にも聴いていただきたいと思って」

 新曲は、シチズンのCMのために書き下ろされたので、時間をテーマにTOKUとカフカ、SHANTIで歌詞を共作し、TOKUとカフカがデュエットしている。

 「カフカちゃんとはイベントで何度か共演していますが、女性アーティストでドラマー&シンガーってなかなかいないこともあって、今回参加してもらいました。新曲を作るにあたって僕の中にあったイメージは、シナトラが娘のナンシーとデュエットして、68年に全米1位になった『サムシン・ストゥーピット』ですね」

 TOKUは、シナトラのマニアではないが、無二のジャズ・シンガーだとリスペクト出来る存在だという。

 「シナトラは、カチッとしたアレンジのなかで歌詞を変えたり、言葉の位置を入れ替えたりして、自由に歌っていた。それが出来るのは力量とセンスがあるからで、本当にすごい人でした。それから彼の歌はクール。《マイ・ウェイ》とか熱く歌い上げているイメージがあるけれど、あくまでもクールに歌っているんですよ」

 オリジナル盤でもゲストを多数迎えていて、《Fly Me To The Moon》でロン・カーターと共演し、《My Way》ではZeebraがクールなラップを披露している。

 「ロンとの共演はまさに特別。《Fly Me To The Moon》は、長年ライヴでいろいろ試してきた曲で、ここ数年はベーシストとの共演でいかにハーモニーから解放されるか、ということに取り組んできたので、ロンとやれて本当にうれしかったですね。Zeebraにはクールなシナトラ風にやりたいと思い、ラップをお願いしたのですが、僕らはまだ人生を達観する年齢ではないので、現在進行形のカヴァーをしようと誘いました」

 8月18日にブルーノート東京、9月1日にビルボードライブ大阪で公演が予定されているが、共にシシド・カフカを迎える。編成はTOKUのバンド、構成は「これまで聴いたことがないレパートリーをやるつもり」とのことなので、サプライズが期待出来そうだ。

 


LIVE INFORMATION

『Dear Mr.SINATRA Special Edition』発売記念ライブ
○8/18(木)会場:Blue Note Tokyo
TOKU Group with special guest シシド・カフカ
○9/1(木) 会場:Billboard Live Osaka
TOKU Group with special guest シシド・カフカ
www.toku-jazz.com

タワーアカデミー
pagetop