INTERVIEW

NY在住の日系SSWミツキ、綺麗事よりもリアルな感情優先したオルタナティヴで生々しいサウンド響く新作『Puberty 2』を語る

NY在住の日系SSWミツキ、綺麗事よりもリアルな感情優先したオルタナティヴで生々しいサウンド響く新作『Puberty 2』を語る

 ダーティ・プロジェクターズジュリアナ・バーウィックなど、USインディー・シーンの人気アーティストを数多く輩出してきたデッド・オーシャンズ。そこに新たに加わったのが、NY在住のミツキ・ミヤワキによるソロ・ユニット、ミツキだ。音大在学中にファースト・アルバム『Lush』を発表した彼女は、これまで3枚の作品をリリースしてきた。そんななか、レーベル移籍第1弾となる新作『Puberty 2』は、初めて本格的なスタジオでレコーディングされたものである。

MITSKI Puberty 2 Dead Oceans/HOSTESS(2016)

 「これまでは台所や寝室にマイクをセットしたり、通っていた大学のスタジオや教室を借りて、時間がある時に少しずつレコーディングしてきました。ちゃんとスタジオを借りて、決められた期間で作ったのはこのアルバムが初めて。〈さあ、時間がないから要領よく録音しよう!〉と集中して作業しましたね」。

 レコーディング期間は、2015年の年明け早々の2週間。「それまでの1年間はツアーに出っぱなしで、その後も1年くらいツアーをすることになっていて。アルバムを作るなら、みんなが新年を祝っているこの時期しかない!」と考え、スタジオに入ったらしい。ツアーの勢いや限られた時間での緊迫感が、作品に張り詰めた空気をもたらしている。

 「アルバムの全体像を思い描くよりは、各曲にとって何が必要かを優先する派」と彼女は言うが、ノイジーなギターやサックス、打ち込みのビートなどを効果的に使った、オルタナティヴな感性の光る生々しいサウンドが全編で鳴り響き、アルバムは不穏なムードに包まれている。また、「70年代の日本のポップスが好き」と語るだけあって、日本的な情緒を感じさせるメロディーも魅力的だ。そうしたミツキ・サウンドを作るうえで重要な人物が、大学時代に知り合い、過去の全タイトルにも関わってきたパトリック・ハイランド。すべての楽器を彼とミツキの2人で演奏している。

 「楽器の演奏だけではなく、ミキシング、マスタリング、ジャケットのデザインまで、私たち2人以外の誰にもタッチさせませんでした。最近、ビジネスやツアーの関係で周りに人が多くなっていたから、〈音楽だけは誰にも触れられたくない〉という気持ちがあったのかもしれませんね。パトリックは実力があるだけでなく、私のことを良くわかってくれているし、だからずっと一緒にアルバムを作り続けられたんだと思います。音楽を作る時はまず私が身をさらし、不完全なものを何度も表に出してから、ようやく必要なものを見つけ出し、意味のあるものにしていく……というプロセスを踏むのですが、その過程を誰にでも見せられるほど私は人を信用していません。信頼関係は重要で、同時に私ひとりの空間を保つこともとても大事。彼はそんな私を好きにさせてくれるんです」。

 パトリックという信頼できるパートナーの全面サポートを得て、自分のすべてをさらけ出し、作り上げた『Puberty 2』。その真ん中にあるのは獰猛さと繊細さを併せ持った歌声だ。ビョーク椎名林檎をフェイヴァリット・シンガーに挙げる彼女に、ヴォーカル面で心掛けたことを訊ねてみると、こんな答えが返ってきた。

 「自分はいま何を言っているのか、いったい何を表現しているのか、それをはっきりと理解して、そのことだけに集中して歌うようにしました。ただ綺麗な声を出すだけというのはしたくないから」。

 自分の音楽を自分でコントロールし、綺麗事よりもリアルな感情を大切にする。そんなミツキはFacebookで〈生き急ぎ上等!〉と日本語で啖呵を切っているのだが、彼女にとってロックは世界と闘う唯一の武器なのかもしれない。

 


ミツキ
日本人とアメリカ人の血を引くNY在住のシンガー・ソングライター。父親の仕事の関係でコンゴやマレーシア、中国、トルコなどを行き来しながら幼少期を過ごす。その後、パーチェス大学に進学し、19歳の時に作曲活動をスタート。Bandcampで音源を発表しながら、2012年にファースト・アルバム『Lush』を、2013年には2作目『Retired From Sad, New Career In Business』を自主でリリースする。卒業後の2014年にダブル・ダブル・ワミーから3作目『Bury Me At Makeout Creek』を発表。同作がNMEやPitchforkなどで賞賛され、知名度を上げる。このたびデッド・オーシャンズに移籍して、ニュー・アルバム『Puberty 2』(Dead Oceans/HOSTESS)をリリースしたばかり。

タグ
関連アーティスト