INTERVIEW

Yasei Collectiveがとことん語る! ジャズとエレクトロ・ポップが交差する異形の2人組、ノアーの初来日が見逃せない理由

Yasei Collectiveがとことん語る! ジャズとエレクトロ・ポップが交差する異形の2人組、ノアーの初来日が見逃せない理由

Mikikiで絶賛プッシュ中のLAエレクトロ・ファンク・ポップ・バンド、ノアー来日公演が8月5日(金)に東京・青山月見ル君想フで行われる。今回彼らと共演するのは、Mikikiでもお馴染みのYasei Collective。何年も前からノアーのことを追いかけてきたそうで、リーダーの松下マサナオ(ドラムス)は「いま観ておいたほうがいいバンドの筆頭、絶対に間違いないライヴになる」と断言している。そこまでノアーが見逃せない理由とは?――来日公演を目前に控えたタイミングで、ヤセイの松下と斎藤拓郎(ギター/ヴォコーダー)の2人に、彼らの魅力をとことん語ってもらった。とにかく1曲聴いてもらえれば、騒ぐ理由もわかっていただけるはず。記事中の試聴動画をぜひチェックしてみてほしい。

★ノアーのインタヴュー記事はこちら
★公演詳細はこちら

 


来日決定までの経緯とノアーの魅力

――ノアーが来日すると聞いたときはビックリしました。ルイス・コールはソロ作『Album 2』が2012年にリリースされたときに日本でも話題になりましたけど、ノアーとして日本に来るというのは想定外でしたね。

松下マサナオ「日本ではそこまで馴染みがないかもしれないけど、Mikikiで僕らがやってる連載〈ヤセイの洋楽ハンティング〉で(斎藤)拓郎が取り上げてたよね。次世代女性ヴォーカルを紹介する回で。あとは、俺が(横山)和明や(石若)駿と対談したときにも、気になるドラマーの一人にルイス・コールの名前を挙げていたはず」

ノアーの2011年作『Think Thoughts』収録曲“Things About You”
 

――今回の来日が決まった経緯は?

松下「最近僕らのバンドの海外担当としてお付き合いさせてもらっている、ケンジさんという方がいて。彼がノアーのマネージャー的なことをやっていたらしいんですよ。それで、ルイスからケンジさんのほうに〈今度、日本に行くからヤセイとライブしたい〉と連絡があったそうで。僕らは過去にニーボディを招聘したりしているし、あのへんのLA界隈とはすごく独自のパイプみたいのがあるんですよね」

――なるほど。

松下「話をもらったのは結構ギリギリだったのでスケジュール的には厳しかったんですけど、かなり貴重な機会だと思ったし、もちろん協力したいに決まってますよね。それで(来日公演の会場である)月見ル君思フに相談して、ルイスやベン・ウェンデル(ニーボディのサックス)とメールで話し合いながら実現に漕ぎ着けたと。そこからの流れは月見ル君思フの(タカハシ)コーキさんに全部任せたという感じ。だから、〈またヤセイが海外からバンドを呼んでくれた〉みたいにツイートしてくれた人もいたけど、今回はどちらかというと僕らが乗っかった感じですね」

――ベン・ウェンデルが間に入っているのはどうして?

松下「ビザのことで相談に乗ってもらったんですよ。ベンも(来日公演を)絶対やったほうがいいと言ってくれました。おもしろいですよね。ニーボディが日本に来ていなかったらこんな付き合いもなかったし。2013年に彼らを日本に呼んだことが、いまになってすごく効いてきている」

斎藤拓郎「本当だよね」

ニーボディとYasei Collectiveの2013年の2マン・ライヴ映像
 

松下「あの頃に僕らが〈こいつら聴いたほうがいいぜ〉と言ってた海外のミュージシャンたちが、いまではみんなすごく注目されてるじゃないですか。柳楽(光隆)さんのように〈Jazz The New Chapter〉と名付けて新しい動きを盛り上げる人もいれば、〈それってジャズなの?〉と疑問を抱く人もいる。どちらも正しいのかもしれないけど、上質でカッコ良ければジャンルなんか関係なく聴けばいいと思うし、だからこそ海外のミュージシャンはどんどん紹介していきたい。だって、ライヴを観れば圧倒的なんだから。そういうのは日本で、特に東京から、どんどん発信していくべきじゃないかな」

――会場が月見ル君思フというのもいいですよね。ノアーは特にライヴハウスで盛り上がって聴きたいタイプの音楽だし、会場としての居心地も良い。

松下「そう、いいところですよ。今回のように海外のアーティストを呼ぶのにもうってつけだし」

――ノアーの魅力について、改めてどんなところだと思いますか?

松下「ジェネヴィエーヴ(・アルタディ)も素晴らしいシンガーだし、彼女はキャラもぶっ飛んでいる。それにやっぱり、ルイスのドラムに驚かされますよね。たぶん技術的には、マーク・ジュリアナやネイト・ウッド(ニーボディのドラマー)とかと余裕で同等じゃないかな。たまにこの人、どこまで行っちゃうんだろう……というような演奏をすることもあるし」

斎藤「なおかつクリエイターでもあるしね」

――万能型ですよね。宅録もやってるし、ジャズ・ミュージシャンとしても一流だし、おまけに自分でビデオも作っている。

松下「そう、ジャズをやらせてもすごいんですよ。彼はホーム・パーティー規模のライヴにもよく顔を出しているみたいで、アンプラグドでもそりゃもう達者で」

――同じドラマーの松下さんの目から見て、どんな点が優れていると思いますか?

松下「ルイスがレフティーなのかはわからないけど、右利きのセットのまま左利きで叩いているんですよね。いわゆるオープン・ハンドのドラマーってフュージョンやロックの人が多いんだけど、彼はオープン・ハンドを利用してドラムンベースやブレイクビーツみたいなリズムを効果的に叩くんですよね。下半身の技術もすごいし、とにかくセンスが良すぎる」

※両手が交差しない状態でドラム・セットを叩く演奏形態

ルイス・コールのドラム・パフォーマンス映像

 

YouTubeを観ながらノアーのすごさをチェック

――ではここからは、お2人に選んでもらった曲を聴きながら話を進めていきましょう。

松下「まずはカヴァー・アルバムの『Covers』(2014年)に入っているダフト・パンク“Get Lucky”からいきましょうか」

斎藤「これは(ルイスの)ランチパッドの捌きっぷりもすごいよね」

――〈サマソニ〉とかに出演するようなポップ・バンドに比肩するキャッチーさがありますね。

松下「正直、圧倒的にオリジナルより格好良いと思う(笑)。この曲はティム(・ルフェーヴル)のベースも超カッコイイんだよな。まだ日本でティムが無名だった頃から俺たちは好きだったんですけど、最近の彼はすごく重用されてますよね。テデスキ(・トラックス・バンド)とも一緒にやってるし、とにかくみんなが使いたいベーシストになっている」

斎藤「それこそ、デヴィッド・ボウイの『★』に参加したのが大きかったよね」

――ティムもMikikiの連載で取り上げてましたよね。そういうプレイヤーともノアーは繋がりがあると。今回は2人でライヴするんですよね?

松下「そうです」

斎藤「どんな感じになるんだろうね?」

松下「とりあえずVJというかスクリーンに関する話もしているし、ドラムスも用意してほしいと言われたから相当叩きまくるんじゃないかな」

――じゃあ次は、ドラムスが強烈な曲にいきましょうか。

松下「2010年の初期のナンバーで、“The Mystery Of A Burning Fire”を」

――もう笑っちゃうくらいすごいですね(笑)。ライヴでお客さんが大盛り上がりする光景が目に浮かぶというか。

松下「本当ですね、センスいいよな~」

斎藤「このビデオの感覚もすごく尖っていると思う」

松下「うんうん。80sだよね」

――このクールな歌声がまた良くて。

松下「ちなみに、いまはどうか知らないけど、ジェネヴィエーヴはたしか音楽学校の先生なんですよ。僕も参加しているZA FEEDOがノアーにすごく影響を受けていて、ヴォーカルの沖メイが今回の来日公演でフロア・アクトを務めるんですけど、彼女もジェネヴィエーヴが好きみたい。それにしても、どうすればこんなにエッジーな音になるんだろう(笑)」

――ガツンガツンきますね。

松下「やっぱり、ドラムが本当にすごい。そういえば僕がLAにいた頃、ゴリゴリのフュージョンしかやってなかったはずのデニス・ハム(キーボード)もルイスのバンドにが参加するようになって、そこから一気にイイ感じになったから驚いたんですよね。彼らが一緒にやってるライヴ動画もありますよ」

――これもまた強烈な演奏ですね(笑)。

松下「またルイスについてドラマー視点で話すと、彼はキース・カーロックやマーク・ジュリアナが叩くブロークンなリズム・パターンの先駆けの一人だと思うんですよね。誰が最初にやったのかはわからないけど、例えばキース・カーロックは16分のなかでアクセントを移動したり、どこが1分かわからなくなるようなプレイをAメロからガッツリ入れてくる。それが全部フラット。〈ドーン、パッ、ドンドン、パッ〉じゃなくて〈ガンガンガンガッドンドンドガドン〉みたいな、バスドラからライド(・シンバル)まですべてフラットで。あれってものすごく難しいんですよ」

ティム・ルフェーヴルとウェイン・クランツを迎えたキース・カーロックの2005年のライヴ映像
 

――はいはい。

松下「ルイスも、すごくナチュラルにそういうプレイをするんですよね」

――さっきのライヴ動画もバカっぽく盛り上がっているようだけど、よく考えたらこんなふうに演奏できないよなっていう(笑)。そういう演奏スキルを証明しているのが、スナーキー・パピーとの共演映像かなと。

松下「ああいうバンドと一緒に演奏するのも余裕ってことですよね」

――こうやってゲストとして呼ばれているのも、LAの音楽シーンにおける支持が厚い証拠というか。

松下「そうですね。あとは、ネイト・ウッドとツイン・ドラムで叩いている動画も超カッコイイ」

――ここまでチェックしてもらえれば、ノアーは実力もあるし、音楽性もずば抜けているし、キャラクターもファニーであるというのが読者にも十分に伝わるんじゃないかと。

松下「間違いないですね。前にニーボディを呼んだときも満員に近い感じで、あとからライヴ映像を観て〈行けば良かった!〉とたくさん言われたんですけど、そう簡単に呼べるものじゃないし、乗っかれるなら乗っかったほうがいいんじゃないかと思います」

斎藤「そうだよね」

松下「ノアーは間違いないですよ、いま観ておいたほうがいいバンドの筆頭だと思う」

――そんなノアーを迎え撃つ、ヤセイの調子はどうですか。

松下「自分たちのリリース・ツアーが終わったばかりで、ちょっとダラダラしてましたけど(笑)」

斎藤「だからこそ、ツアーで培ったものが出るんじゃないかな?」

松下「もちろん。今回のライヴにはノアーへの想いもあるし、期待してほしいですね。俺より拓郎のほうがノアーに思い入れがあるんじゃない?」

斎藤「そうだね。3~4年くらい前から呼びたいと言い続けて、まさか実現するとは思わなかったし」

松下高橋アフィTAM TAM)のDJやメイの演奏も楽しみだし、エッジーなミュージシャンが集まるので、イイ感じに盛り上がるんじゃないですか。お客さんはもちろん、バンドマンに観てほしいな。絶対に刺激になると思う」

 

KNOWER初来日公演「KNOWER×Yasei Collective」
supported by Mikiki

日時/会場:8月5日(金) 東京・青山月見ル君想フ
出演:ノアー/Yasei Collective
Floor Act:沖メイZA FEEDO
DJ:高橋アフィTAM TAM
開場/開演:18:00/19:00
料金(1D別):前売り/3,000円、当日/3,500円 
★公演詳細はこちら

40周年プレイリスト
pagetop