2016.08.31

驚異の新人現る! そんな使い古されたキャッチでも、そう言うしかないんだからしょうがない。ギター、ピアノ、ベースにドラム、パーカッションなどさまざまな楽器を操り、ヴォーカルも披露する若き天才。単に演奏できるというだけではなく、音楽的な解釈、アレンジ力の素晴らしさが光っているのは、YouTubeで話題の名曲カヴァー動画の数々を観てもらえばわかるはず。クインシー・ジョーンズが惚れ込むのも納得です。このファースト・アルバムでは彼一人によるアカペラと楽器演奏の多重録音で、ジャズ、ソウル、ファンク、ポップスなどを下地にした音楽観を示しています。彼の頭の中にはいつも10本くらいの手が動いていることでしょう。マルチ・プレイヤーとして、コンポーザーとしてスケールの大きさを感じさせてくれ、まだまだ見せていない引き出しもありそうな末恐ろしき若者です。クインシーやスティーヴィー・ワンダーの系譜を継ぐ存在としてジェイコブ・コリアーの名を覚えておいて損はないと思います。

 

"A hopeful new face has emerged" is such a worn-out catch phrase but there's no other line to describe him. JACOB COLLIER is a young genius who also plays several instruments, including guitar, piano, bass guitar, drums and percussion, in addition to his vocal duties. A number of his covers of great songs available on YouTube clearly show not only he can play several instruments but also he has a prowess in interpreting and arranging music. It's no wonder Quincy Jones is charmed by him. This first album, consisting of acapella and overdubbed instruments all by himself, represents his style of music based on jazz, soul, funk and pops. In his head, he may have 10 hands working away with no break. A grand scale multi-player and composer, the young artist may have a hidden potential to grow much bigger than we can imagine. It's worth keeping in mind the name of JACOB COLLIER as the artist who is to inherit the line of Quincy Jones or Stevie Wonder.


 

まだあどけなさの残る青年が様々な楽器を一人多重録音し作り上げた動画が瞬く間に世界中で話題になり、デビューを待たずにQ.ジョーンズ、ハービーメセニーなどの大御所の絶賛を集めたことは、よくある「演奏してみた」の域を凌駕した高度な技術とセンスを有していることを物語る。満を持してのデビュー作、本作で繰り広げられたハイパーなファンクネス、変幻自在のポップネス、時折差し込まれる美しく鮮度の高いピアノが物凄くポジティヴなヴァイブスでまとめ上げられ、音楽性の懐の深さを見せつけられる。何よりヴォーカル、ハーモニーの素晴らしさ、これを天賦の才と言わずに何といえばいいのか!

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop