2016.10.05

エイフェックス・ツインオウテカに続く存在として注目されている気鋭が、引き続きワープから新作を発表。今作よりAとDの2人体制で作られているそうで、詳細は不明ながら曲によって女性ヴォーカルが入っているのはそのためか。以前よりビート感が強調され、ベース・ミュージックトラップの手法も大胆に採り入れられて、ノイジーな部分は薄まっている。ダークなエモさを内包したパテン流ポップスとも言えそうだ。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop