萩原千代 ショパンの愛弟子 若き天才作曲家 カール・フィルチュの世界 ALM Recordsコジマ録音 (2016)

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.10.13

わずか14歳という若さでこの世を去ったショパンの愛弟子、カール・フィルチュ。2005年になってようやく発見された彼の希少な作品を、フィルチュの研究も行っているピアニスト、萩原千代が深い共感を持って演奏した1枚です。作品は師の影響を受けつつも、10代の少年のものとは思えないほどの完成度を示しており、いくつかの楽曲からは独創性すら感じられます。彼にもう少し時間があれば、ピアノ音楽史に残る傑作が生まれたかもしれない…ショパンに献呈された作品1-2の夜想曲(なんと9歳の時の作!)を聴けば、そんな考えも決して大げさではない、そう思っていただけるはずです。

関連アーティスト