TOPICS

H ZETTRIOやCUBERSが首位争い、トクマルのサポート擁する1983も人気の9月度Mikikiレヴュー記事アクセス・ランキング

Mikikiに掲載しているレヴュー記事の、2016年9月の月間アクセス・ランキングを発表します!

 

今月は、bounceの『PIANO CRAZE』を採り上げた記事も多くのアクセスを集めたH ZETTRIO、〈聴けるボーイズユニット〉として人気上昇中のCUBERS『DANCE TO YOU』のリリースに合わせて掲載した曽我部恵一のロング・インタヴューも好評だったサニーデイ・サービスがトップ3を飾っています。

そんななか4位に喰い込んだバブガニューシュ『Pillar Of Light』を要チェック。オーストラリアから登場したギター・ポップ・バンドの初作で、キュートな女性ヴォーカルと憂いを帯びたギター・サウンドは、ネオアコアノラックのファンを直撃するはず。グルーヴィーなリズムにはマンチェスターブリット・ポップを彷彿とさせる瞬間もあり、来日ライヴが実現した際にはTaffyと対バンしてほしい!なんて思ったり。

また、15位に着けた1983『golden hour』は、日本語ポップスを好むリスナ―に聴いてほしい1枚。森は生きているの元メンバー、トクマルシューゴ寺尾紗穂などのサポート・ミュージシャンを擁する5人組の2作目で、彼らがこれまで携わってきたバンドからも想起できる、実に芳醇な〈うたもの〉を奏でています。なお、彼らは10月8日(土)に、東京・渋谷O-nestで同作のリリース・パーティーを開催。エマーソン北村王舟may.eと共演陣もナイスなので、気になった人は足を運んでみては?

ポール・マッカートニー