COLUMN

XOXやDa-iCEら個性発揮しはじめたボーイズ・グループ/CUBERSが楽曲そのものの魅力で勝負した初作『PLAY LIST』を語る

特集:LIVE WHILE WE'RE YOUNG

LIVE WHILE WE'RE YOUNG
[ 緊急ワイド ]盤上のボーイズ・ライフ
さまざまなスタイルと背景が入り交じり、大きな全体像を形成しはじめた(?)男性グループ・アイドルたち。それぞれの個性を聴いて楽しもう!!

 


 

XOX
 

 ここ数年の大きな流行もあって日本で〈アイドル〉といえば女性グループを連想する人がほとんどでしょう。とはいえ欧米や韓国のポップ・フィールドを見てもわかるように、そこに性別の差はありません。日本にも伝統的な流れとして男性のアイドル・グループが数多く存在しているのはご存知の通りです。それらをどう形容するかはともかく、2000年代にデビューしたw-inds.Leadらは成長して現在も着実に活動していますし、いわゆるアイドル出自と見られることはないとしても、AAAGENERATIONSのようなダンス&ヴォーカル・グループは、ある種の男性アイドルとしても機能してきたように思います。ただ、これまでは(なぜか)その多様性が限定して伝えられていたこともあり、女性アイドル界隈のようなカラフルな群雄割拠が広く知られるには至っていませんでした。

Da-iCE
 

 そんな状況が目に見えて変わりはじめたのは昨年頃から。メジャー経由でも多くのグループが結成/全国デビューを果たすようになり、それぞれが独自性を模索しながら各々のカッコ良さやおもしろみを発揮しはじめたのです。繰り返しますが……それをどう形容するかはともかく、歌とダンスとキャラの魅力を武器にした男たちはここからさらに増えていくはず。いまのうちにチェックしておきましょう!

 

XOX Ex SUMMER ソニー(2016)

読モのとまんバトシン志村禎雄と、オーディションで選ばれた田中理来木津つばさが集まって昨年始動した5人組。この2枚目のシングルでもドリュー・ライアン・スコットらの楽曲を採用し、欧米メインストリーム志向の強いEDMタッチの伸びやかなサウンドを披露しています。11月には次のシングルも登場!

 

BOYS AND MEN YAMATO☆Dancing ユニバーサル(2016)

「仮面ライダー鎧武」出身の小林豊など全国区の顔も含む、名古屋で活動するエンターテイメント集団。今年に入って一気に広がってきた感はありますが、人懐っこさの中に骨太な男っぽさも織り交ぜた親しみやすいキャラはすでに浸透済み。ウルフルズっぽさのあるこの最新シングルも豪快な持ち味を伝えてくれます!

 

MAG!C☆PRINCE Over The Rainbow ユニバーサル(2016)

東海3県を対象とするオーディションで選ばれ、昨年始動したイケメンボーイズで、往年の〈王子様〉的なタレント性の高さも魅力とする5人組。10月に到着するこのサード・シングルは超特急とも仕事をしてきた渡辺拓也の手によるアッパー・チューンで、各々の元気な歌声もあって仕上がりは底抜けに明るくキャッチー。

 

Da-iCE パラダイブ ユニバーサル(2016)

2011年の結成から奮闘を続け、すでにヒット規模も一段上を行く彼らは現在に至るテン年代ボーイズのブームを作り出してきた存在でしょう。エリック・リボムも作曲に関与したこのタオル振り回し夏ソングなど、多彩な曲調を説得力十分に聴かせる歌唱力の高さもピカイチ。11月には冬向けのシングルも控えてます!

 

X4 4 MY BABY テイチク(2016)

もともとソロ歌手/俳優として活躍していたYUYA松下優也)が昨年結成したダンス&ヴォーカル・グループです。アーバン色の強さは以前からの志向通りで、この最新ミニ・アルバムでは90年代R&B好きにはたまらない佳曲“Little Longer”などを収録。YUYAはなんと朝ドラ「べっぴんさん」出演も決定して絶好調のよう。

 

MAGiC BOYZ Do The D-D-T!! SDR(2016)

一組だけボーイズというかキッズですが……曲がおもしろいので紹介。スターダストの〈EBiDAN39&KiDS〉から選ばれたラップ・ユニットで、抹 aka ナンブヒトシが作詞した表題曲はmel houseの手掛けるダンスホール風味の極太ベース・チューン。カップリングにはDOTAMASKY-HIが絡んでたり、今後にも期待です!

 

次ページ〈聴けるボーイズユニット〉を謳う、ウワサのCUBERSに迫ってみた!!
LOCAL GREEN FES
pagetop