COLUMN

ディズニー名曲がメタルで降臨! マイク・ヴェセーラら豪華メンツの演奏に震える、デーモン閣下も参加の『METAL★DISNEY』

D-METAL STARS 

 

ディズニーの名曲がついにヘヴィー・メタルで降臨! 名うてのレジェンドたちが鋼鉄のサウンドで響かせるドラマティックな名曲たちに熱い拳を捧げろ!

 子どもから大人まで多くの人々を惹きつけて止まないディズニー・ソングの数々。ディズニー映画はそれほど観ていないのに、主題歌/劇中歌は口ずさめるという方も多いでしょう。これまでもジャズやハウス、パンクEDMなどさまざまなスタイルのカヴァー企画盤が生まれ、先日もKEYTALKShout it Outらフレッシュな顔ぶれによる『ROCK IN DISNEY~Season of the Beat』が話題になったばかりですが、今回はまた新たな一枚がそこに仲間入りします。その名も『METAL★DISNEY』!

D-METAL STARS METAL★DISNEY Walt Disney(2016)

 タイトル通り本作はメタルをテーマにしたものですが、今回はいつものオムニバス形式と違い、このために結成された4人組バンド〈D-METAL STARS〉が、一枚丸ごとパフォーマンスしています。そのメンバーも非常に豪華で……まずヴォーカリストは、LOUDNESSイングヴェイ・マルムスティーンのバンドで腕を磨き、近年はライオット・オン・マーズでも活動する〈歌うマーシャル・アンプ〉ことマイク・ヴェセーラ! ギタリストには、そのマイクが率いるオブセッションの再結成メンバーとして活躍するジョン・ブルーノ! ドラマーは同じくオブセッションの一員で、他にもマイクのソロ・プロジェクトであるMVPドッケンを支えてきたBJ・ザンパ! そしてベーシストは、クワイエット・ライオットオジー・オズボーン・バンドを経てホワイト・スネイクディオを渡り歩いてきたルディ・サーゾ! ちなみにマイクとルディはアニメタルUSAで活動を共にした過去もあり、つまりマイクを中心に旧知の仲間が息の合った演奏を聴かせてくれるというわけです。

 そんなアルバムのイントロダクションを飾るのは“When You Wish Upon A Star”。ディズニー映画のオープニング・ロゴと同じ曲を用いて魔法の世界へ誘い出す仕掛けに、のっけから胸の高鳴りを抑えられません。続く“Mickey Mouse March”や、“Bibbidi-Bobbidi-Boo”などを繋いだメドレーを含め、定番のクラシカルなナンバーが次から次へと飛び出すのですが、なかでも「アラジン」の“A Whole New World”や「美女と野獣」の“Beauty And The Beast”、さらに「ヘラクレス」の“Go The Distance”あたりに、D-METAL STARSの持ち味が凝縮されているような気がします。 

 それらはすべてアラン・メンケンのペンによるナンバー。ディズニー映画を代表するヒット曲に携わってきたアランは、何度もアカデミー作曲賞/歌曲賞を受賞した大物作曲家で、生み出された楽曲は年月を経ても愛され続けています。そんな親しみ深いメロディーの数々を、手数足数の多いドラムに煽られながらマイクが力強く歌い上げ、絶妙なタイミングで主張の強いギター・ソロが割り入ってくる展開は、〈これぞパワー・メタル!〉といった様式美に。なお、同じくアランが作曲した「塔の上のラプンツェル」の“I See The Light”では、魔界からデーモン閣下ナイト・レンジャージェフ・ワトソンがそれぞれ歌とギターで客演。転調後に披露される閣下のハイトーンと締めの雄叫びに、拳を突き上げたくなること必至です。

デーモン閣下
 

 そういえば、夢の国で年に一度だけヴィランたちが主役を張るハロウィーンも間近。気合いの入ったメタラーの方々にはこれをきっかけにディズニーの世界に入り込んでいただき、もともとディズニー・ソング好きな皆さんにはメタル・サウンドで盛り上がっていただきたいものです。そんな充実の『METAL★DISNEY』、賑やかなパーティーの盛り上げアイテムとしても、このシーズンにはきっと大活躍してくれるはずですよ!

pagetop