COLUMN

日本語ラップ・シーン賑わせるS7ICKCHICKs、LOW HIGH WHO?の新星・春ねむりなど女性ラップの注目リリースを紹介

【特集:wrap around her words】Pt.2

chelmico
オシャレもラップも夜遊びも、好きなものは譲れない!

 モデルばりのルックス&スタイルで〈ミスiD2014〉に選ばれた経歴を持つMC RACHELが、その友人のMC MAMIKOを誘って2014年10月に結成したのが、このchelmicoというユニット。何でも映画「TOKYO TRIBE」を観て軽い気持ちでラップを始めたそうだが、2015年5月にラッパーのPAGEことヒイラギペイジがトラックを提供した初のオリジナル曲“ラビリンス'97”をネット上で公開し、バッチリと韻を踏みながらスタイリッシュに聴かせるラップの上手さと、ナイトライフの悲喜こもごもを仄かな詩情と共に切り取ったリリックで注目を集めることに。その後も都内を中心にライヴ活動を行い、今年6月には三毛猫ホームレスが手掛けた潔さが心地良い失恋ソング“Love is Over”をTREKKIE TRAXから配信するなど、ジワジワと支持を広げてきた。

chelmico chelmico cupcake ATM(2016)

 それらの楽曲を含む待望のファースト・アルバム『chelmico』には、恋もお洒落も音楽も等しく追求する2人の、欲張りだけどちょっとルーズな毎日が活写されている。Ryo TakahashiCBS)やESMEらが寄せたトラックはネット世代のフューチャー感を思い切り吸い込んだポップな風合いで、主役のメロディアスに踊るフロウの魅力を引き出しているし、JinmenusagiFBIパブリック娘。)といったクセの強いゲストMCと絡んでもコアになりすぎないバランス感覚は絶妙。海辺でのアバンチュールを軽やかに描いた“Summer Holiday”なんてインスタ映えしそうな風景の浮かぶ楽曲もあって、イマドキ女子の素直なヒップホップがここにある! *北野 創

 

pagetop