INTERVIEW

蔦谷好位置やShingo Suzukiらが新たな表情引き出した奇蹟の歌声―Uruが麗しい潤い湛えた新シングル“The last rain”を語る

Page 2 / 2

Uruのポテンシャルを引き出す豪華な顔ぶれ

 デビュー・シングルでも曲ごとにトオミ ヨウ武部聡志を招いて独自の歌世界を構築していたUruだが、今回のシングルで表題曲“the last rain”をアレンジしたのは、先のシングルでも“WORKAHOLIC”を手掛けた蔦谷好位置。多様な手腕で多くのプロデュース作品を送り出す職人的なポップメイカーだが、編曲/プロデュースにのみ携わった手嶌葵の“明日への手紙”や米津玄師の諸作からもわかるように、詞と曲の持つ世界を自然に大きくするさりげない魔法こそが彼の持ち味だ。それはUru自身のペンによる“the last rain”でも見事に活かされている。

 一方、カップリングの“ホントは、ね”はシンガー・ソングライターの川村結花が詞曲を書き下ろしたもの。かの“夜空ノムコウ”の作曲をはじめ、渡辺美里鈴木雅之坂本冬美、近年は城南海らとの仕事で名高い彼女は、ここでは私小説的で繊細な世界を描き、歌い手としてのUruの力量に解釈を委ねるかのようだ。さらに、軽快なループとオルガンがソウルフルな“Sunny day hometown”は、Ovallで知られたShingo Suzukiの編曲。最近だとAwesome City Club藤原さくらもプロデュースする彼の手管は、ヴィンテージ・ソウル的な彩りと明るいポップネスをUruに提案している。かように外部の才能も触媒にして、新たなポテンシャルを発見していくUru。今後の出会いも楽しみでならない。 *轟ひろみ

 
タグ
関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop