高橋芳朗presents「タワレコ洋楽月報」ブログ

放送後記:2016年12月19日 パイドパイパー・ハウスの長門芳郎が選ぶ、クリスマス・ソングじゃないけどクリスマスを感じさせる曲

放送後記:2016年12月19日 パイドパイパー・ハウスの長門芳郎が選ぶ、クリスマス・ソングじゃないけどクリスマスを感じさせる曲

  2016年最後の『タワレコ洋楽月報』は、渋谷店5階で期間限定オープン中の〈PIED PIPER HOUSE in TOWER RECORDS SHIBUYA〉も絶好調な長門芳郎さんをゲストにお迎えいたしました!

 そんな長門さんにお願いした選曲テーマは、当番組の年末恒例企画〈クリスマス・ソングじゃないけどクリスマスを感じさせる曲〉。贅沢にも長門さんに7曲も選んでいただいたのですが……もうこれがファンタスティックすぎて絶句するレベル! 永久保存なトラックリストは試聴リンク付きで下記に掲載しておりますので、ひと味違うクリスマス・パーティーの演出にぜひご活用ください。いつだってパーフェクトな長門さん選曲、これは2017年1月25日リリースの『Best of Pied Piper Days Vol. 2』が俄然楽しみになって参りました!

 そして……これは完全に我々の構成ミスでしたが、長門さんのあとに同じテーマで選曲することのプレッシャーたるや! いやー、思わぬところで脇汗かきました! 我々4人の〈クリスマス・ソングじゃないけどクリスマスを感じさせる曲〉もよかったらチェックしてやってください……なかなかイケてると思います!

 というわけで、『洋楽月報』にリニューアルした2016年もご視聴ありがとうございました! 2017年も最高の音楽をお届けするので引き続きよろしくお願いいたします!

■次回のタワレコ洋楽月報

2017年1月16日(月)20:00~

※次回の放送予定など〈洋楽月報〉の詳細はタワレボにてチェック!

 


放送分プレイリスト

*今日の1曲目

A Tribe Called Quest - We The People....

from “We Got It From Here Thank You 4 Your Service” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

*今日の2曲目

Peter Doherty-I Don't Love Anyone (But You're Not Just Anyone)

from “Hamburg Demonstrations” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

バイヤーズ・バトル①

初登場 大里のお薦め

Angel Olsen-Sister

from “My Woman” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

バイヤーズ・バトル②

商品本部 田之上お薦めのタワレコメン

Grace VanderWaal-I Don’t Know My Name

from “Perfectly Imperfect (EP)” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

バイヤーズ・バトル③

渋谷店 越山のお薦め

American Football-My Instinct The Enemy

from “American Football” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

バイヤーズ・バトル④

新宿店 藤林お薦めのタワレコメン

Sundara Karma-She Said

from “Youth Is Only Ever Fun In Retrospect” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

バイヤーズ・バトル⑤

渋谷店 片切のお薦め

Emmylou Harris-Boulder To Birmingham

from “VA/The Life And Songs Of Emmylou Harris” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

フクタケ's recommend

The Last Shadow Puppets-Les Cactus

from “The Dream Synopsis EP” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

ゲストコーナー「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

長門さん選曲「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

Lou Rawls - Pure Imagination

from “All Things in Time” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

長門さん選曲「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

HURRICANE SMITH-MANY HAPPY RETURNS

from “Don't Let It Die (The Very Best Of Hurricane Smith)” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

長門さん選曲「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

David Forman - Dream Of a Child

from “DAVID FORMAN” TOWER RECORDS ONLINE

 

長門さん選曲「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

Prefab Sprout – Nightingales

from “Langley Park to Memphis” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

ラングレー・パークからの挨拶状よりもう1曲

Prefab Sprout –Hey Manhattan

from “From Langley Park to Memphis” TOWER RECORDS ONLINE

 

プリファブよりもう1曲

Prefab Sprout –When Love Breaks Down

from “Steve McQueen” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

長門さん選曲「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

Sandy Salisbury-Come Softly

from “SANDY” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

The Best Of Pied Piper Days Vol.2 ご予約はこちら

 

特集コーナー「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

芳朗さん選曲

Rosemary Clooney - Get Me to the Church On Time

from “Rosie Solves The Swingin' Riddle” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

リサさん選曲「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

Squeeze-Happy Days

from “Cradle to the Grave” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

フクタケさん選曲「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

Erasure-Oh L'Amour

from “Wonderland” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

北爪選曲「クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じる曲」

Frankie Avalon-Beauty School Dropout

from “OST/Grease” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

エンディングソング ZUME's Choice

Friedrich Sunlight-Nicht ans Meer

from “FRIEDRICH SUNLIGHT” TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

高橋師匠のTwitterをフォローしよう
https://twitter.com/ysak0406

DJフクタケさんのTwitterはこちら
https://twitter.com/DJ_fukutake

DJフクタケさん出演、BLUE SUNDAYのイベントはこちら
http://shibuya-oto.com/schedule/2016/07/blue_sunday.html 

バニラビーンズのホームページはこちら
http://www.flowerlabel.jp/vanillabeans/

渋谷店の情報はこちらから
http://towershibuya.jp/


お知らせ

タワーレコード渋谷店5階に、番組で紹介したCDが試聴できる特設ラックを設置しています! お店にお立ち寄りの際はぜひチェックしてみてください!

また、番組へのご意見ご要望、リクエストや取り上げてほしいテーマなどを随時募集中です! 番組のツイッターアカウントをフォローしてハッシュタグ【#タワレボ】【#洋楽月報】をつけてツイートしてください! よろしくお願いします!

■ 番組ツイッターURL:https://twitter.com/yogaku_geppo
■TowerRevolveProject(タワレボ)URL:http://www.towerrevo.jp/

【プロフィール】
高橋 芳朗

高橋 芳朗

元タワーレコード渋谷店スタッフにして元bounce編集部員な音楽ジャーナリスト/ラジオパーソナリティー。東京都港区出身。詳しくはTwitter @ysak0406 にて。タワレボ〈高橋芳朗presents タワレコ洋楽月報〉の紹介を中心にあれこれと。

ポール・マッカートニー