SERIES

速報! 〈タワレコメン〉会議リポート 2017年1月度・邦楽編:緑黄色社会、WOMCADOLE、SIX LOUNGEを観て聴いてチェック!

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016.12.26

全国のタワーレコードのスタッフが、己の〈耳〉と〈直感〉だけを基準に世間で話題になる前のアーティストの作品をピックアップし、全店的なプッシュへと繋げる企画〈タワレコメン〉。これまで、SuchmosD.A.N.WONK、洋楽ではカイゴホイットニーレモン・ツイッグスといった現行シーンの最前線で活躍するアクトをいち早く発掘しており、現在は月1回のペースでオススメのアイテムを紹介しています。Mikikiでは、そんなタワレコメンの選定会議に潜入し、作品の魅力を視聴コンテンツと共にお伝えする特集を連載中! 今回は2017年1月度の邦楽編を速報レポート!!

★タワレコメンに関する最新情報はこちら
★Mikikiの〈タワレコメン〉関連記事の一覧はこちら
★TOWER RECORDS ONLINEの〈タワレコメン〉特設ページはこちら

タワーレコード渋谷店にて行われたタワレコメンの会議。邦楽担当の腕利きバイヤーたちがオススメのアイテムを持ち寄り、会議室へ集まります。今回も何百タイトルという新作のなかから選ばれた、計9タイトルの音源を聴き比べ、熱い議論の末にタワレコメン・アイテムを絞り込みました。厳しい予選を勝ち抜いたのは……以下の3タイトル!!

★2017年1月度〈タワレコメン〉邦楽編:選出アイテム

まずは、名古屋を拠点に活動する緑黄色社会のファースト・ミニ・アルバム『Nice To Meet You??』。平均年齢20歳というフレッシュな4人組で、2013年にはブレイク登竜門と名高いオーディション〈閃光ライオット〉の準グランプリを獲得するなど、ここ数年じわじわと知名度を上げています。フロントマン・長屋晴子の表現力豊かなヴォーカルに、シャープなバンド・アンサンブルが重なるロック・サウンドは新人らしからぬ完成度で、演奏力の高さも特筆すべき。推薦バイヤーも〈規格外のポテンシャルを持った大型ルーキー!〉と強くアピールしていました。

緑黄色社会 Nice To Meet You?? HERE\/ PLAY POP(2017)

 

続いて滋賀出身の4人組、WOMCADOLE(ウォンカドーレ)のセカンド・ミニ・アルバム『15cmの行方』。2015年末のメンバー脱退を受けてしばし活動休止を余儀なくされていましたが、2016年7月に新ベーシスト・黒野滉大が加入し、現在は全国各地で精力的なライヴ活動を繰り広げています。ビッグなスケール感を堪えたサウンドの中心で圧倒的な存在感を示す、樋口侑希の歌声は大器の登場を予感させ、スタッフからはTHE BACK HORN山田将司を引き合いに出す声も。〈全身から放たれる彼らの想いを全力で受け止めたい!〉と推薦バイヤーもエモさを爆発させていました!

WOMCADOLE 15cmの行方 UNCROWN(2017)

 

最後は、My Hair is Badyonigeを輩出したレーベル=THE NINTH APOLLOがプッシュする3人組、SIX LOUNGEのニュー・ミニ・アルバム『大人になってしまうなよ』。歌詞が耳に残るメロディーと軽快なリズムを備えたキャッチーなロック・サウンドが魅力的で、特に激ダンサブルなロックンロールに仕上がったリード曲“最終兵器 GIRL”は、ミッシェル・ガン・エレファント“ジェニー”の2016年ヴァージョンと言っても過言ではない!? 推薦バイヤーいわく〈とにかくライヴが良い!〉とのこと。同作のリリース後は大規模なツアーも控えているようなので、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

2017年1月度の選考を勝ち抜いたのは上記の3作品! いずれも1月11日のリリース予定です。入荷状況は店舗により異なりますので、気になる方はお近くのショップへお問い合わせください。次回は2月度のレポートをお届けしますので、お楽しみに!

関連アーティスト