2017.01.06

約3年ぶりとなる新作は、過去曲の再録から新曲までを詰め込んだ、活動休止前の集大成的な作品。懐かしくも新しい、サイケなプログレ/ハード・ロック歌謡というベーシックに変わりはないが、トレードマークのオルガンに加え、シンセやピアノがふんだんに盛り込まれていて、グッとカラフルになった印象を受ける。〈さいあく〉というアイロニカルなタイトルとは裏腹に、いつになく高いバンドの熱量が感じられる力作だ。

関連アーティスト
pagetop