2017.01.25

マンチェスター出身のDJ/トラックメイカーの初フル作はなんとスクリレックス主宰のOWSLAから。近年顕著だったハウス回帰路線の楽曲も収めつつ、表題曲“We Could Be More”は〈らしさ〉を前面に押し出し、抑制の効いたサンプル使いが際立つトラップ曲となっている。そのようにフロア的なトレンドへの目配せをしっかりと感じさせながらも、トータルでしっかりとポップス作品に仕上げてくるあたりはやはり流石。

関連アーティスト
LOCAL GREEN FES
pagetop