2017.01.25

銀杏BOYZ、まさかのトリビュート盤が登場。YUKIは“漂流教室”をエレクトロニックなダンス・ロックで披露し、クボタタケシは“ぽあだむ”をオーケストラル・ポップ(というか大滝詠一風)にリミックス。清潔感ある声が耳を惹く麻生久美子の“夢で逢えたら”も、ウォール・オブ・サウンド~ビーチ・ボーイズな意匠で楽しませてくれる。鍵盤ハーモニカがリードするロックステディの“あいどんわなだい”はYOUR SONG IS GOODならではのインスト・チューンだし、割合は少なめとなったロック・バンド勢も、クリープハイプは“援助交際”という納得の(?)選曲で苛立ちをぶつけ、ミツメは“駆け抜けて性春”をモッタリしたリズム&スカスカのサウンドで奏で、原曲が秘めていた美しさを引き出してみせる。かようにオリジナルから大きく離れたアレンジが多いものの、歌詞やメロディーそのものから立ち上がるエモーショナルな訴求力は極めて強く、そこから銀杏BOYZらしい匂いやクセを存分に嗅ぎ取ることができるはずだ。

美しい星