2017.01.26

小山田壮平らとのALとしても活動中の自作自演家による新作は、益子樹をプロデューサーに迎え、最小限のリズムを加えたアコースティックな仕上がりに。とはいえ単にフォーキーなものではなく、偏執的なコーラス、エフェクティヴなギターなどを散りばめたオルタナ・フォークは、緻密かつ濃厚な聴き応えだ。歌もエキセントリック成分は控えめで、素直なラヴソングを中心にじっくり聴かせる。デビュー10年の到達点がここに。

関連アーティスト
募集