MATTHIAS STRINGS モーツァルト: レクイエム 弦楽四重奏版 マイスター・ミュージック (2016)

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.02.10

アグライアQやクイケンQ、ドビュッシーQと同じリヒテンタールのトランスクリプションをベースにした弦四版。モーツァルトの息子カールと親交のあったP.リヒテンタールは、交響曲第40番・第41番の弦楽五重奏版なども編曲している。編成が小さくなり、フルオケ+合唱ではないが故の物足りなさは当然出るものの、シンプルな四声体で骨格が示されるだけでさすが楽聖、と思うところもあるし、そこが編曲の妙。弦楽版ならではの聴きどころとしては冒頭の入祭唱、特にキリエの二重フーガの純音楽然としたところからの続唱ディエス・イレへのつながりは盛り上がるし、絶筆と言われるラクリモーザはただただ美しい。

関連アーティスト