SERIES

〈タワレコメン〉会議リポート 2017年2月度・邦楽編:ハルカミライ、マカロニえんぴつ、そこに鳴るを観て聴いてチェック!

全国のタワーレコードのスタッフが、己の〈耳〉と〈直感〉だけを基準に世間で話題になる前のアーティストの作品をピックアップし、全店的なプッシュへと繋げる企画〈タワレコメン〉。これまでSuchmosWONKヤバイTシャツ屋さん、洋楽ではカイゴホイットニーレモン・ツイッグスといった現行シーンの最前線で活躍するアクトをいち早く発掘しており、現在は月1回のペースでオススメのアイテムを紹介しています。Mikikiでは、そんなタワレコメンの選定会議に潜入し、作品の魅力を視聴コンテンツと共にお伝えする特集を連載中! 今回は2017年2月度の邦楽編を速報レポート!!

★タワレコメンに関する最新情報はこちら
★Mikikiの〈タワレコメン〉関連記事の一覧はこちら
★TOWER RECORDS ONLINEの〈タワレコメン〉特設ページはこちら

タワーレコード渋谷店にて行われたタワレコメンの会議。邦楽担当の腕利きバイヤーたちがオススメのアイテムを持ち寄り、会議室へ集まります。今回も何百タイトルという新作のなかから選ばれた、計8タイトルの音源を聴き比べ、熱い議論の末にタワレコメン・アイテムを絞り込みました。厳しい予選を勝ち抜いたのは……以下の3タイトル!!

 

★2017年2月度〈タワレコメン〉邦楽編:選出アイテム

東京・八王子を拠点に活動する4人組、ハルカミライのファースト・ミニ・アルバム『センスオブワンダー』が、2店舗からの推薦を受けて〈タワレコメン〉に。蒼い衝動を届けんと懸命に鳴らされているのは、ざらついたギター・サウンドに焦燥感溢れるリズム・セクションを重ねたストレートなパンク・ロック。ポジネガさまざまな感情を渾然一体となったまま発するようなフロントマン・橋本学のカリスマ性の高さが圧巻で、推薦バイヤーも〈ポスト・マイヘア筆頭株!〉と声を張っていました。

ハルカミライ センスオブワンダー THE NINTH APOLLO(2017)

 

続いて神奈川・川崎出身の5人組、マカロニえんぴつのサード・ミニ・アルバム『s.i.n』。これまでCzecho No Republicテスラは泣かないといった活きの良いポップ・バンドを輩出してきたmuffin discsの新レーベル、TALTOからのニューカマーです。軽快に跳ねるビートとハード・ロッキンなギター・リフに、カラフルなキーボードと爽やかなコーラス・ワークも加わった7曲は、初期ウィ―ザーオール・アメリカン・リジェクツらを彷彿とさせる王道のパワー・ポップ・サウンド。J-Rockに熱心な若いファンはもちろん、〈あの頃〉の洋楽リスナーにも届いてほしい好盤です!

マカロニえんぴつ s.i.n TALTO(2017)

 

2011年に大阪で結成され、コントラストの効いた男女ヴォーカルと超絶テクニックを駆使したロック・アンサンブルで多くのリスナーを魅了してきた3人組、そこに鳴るのサード・ミニ・アルバム『METALIN』。邦楽の〈タワレコメン〉としては珍しいメタリックなサウンドですが、推薦バイヤーの〈凛として時雨以来のインパクト!〉という強力プッシュが響いて選出されました。実際、流麗なギター・リフと屈強なベースライン、手数は多いながらも安定感溢れるドラミングは、凛として時雨のピエール中野氏本人も〈あー、ヤバイ音がしてる。〉と絶賛!

そこに鳴る METALIN KOGA RECORDS(2017)

 

ということで、三者三様のギター・ロックを鳴らす新鋭たちの作品が選ばれた2月の〈タワレコメン〉! ハルカミライとそこに鳴るは2月8日、マカロニえんぴつは2月15日のリリース予定です。入荷状況は店舗により異なりますので、気になる方はお近くのショップへお問い合わせください。次回は3月度のレポートをお届けしますので、お楽しみに!

募集