INTERVIEW

エド・シーランが旅に出た理由―エヴァーグリーンな歌と新鮮な音作りを融合させた国際色豊かな新作『÷』の背景を語る

エド・シーランが旅に出た理由―エヴァーグリーンな歌と新鮮な音作りを融合させた国際色豊かな新作『÷』の背景を語る

思い切って仕事を休み、大好きな彼女と旅に出た。そこで見た景色、身体で感じたリズム、離れてみてわかった故郷への思い……。心なしか表情もスッキリして戻ってきた青年が、晴れやかに第3章の幕開けを宣言する!

 

サプライズがいっぱい

 2012年作『Red』から続くテイラー・スウィフトとの良好な関係、トリー・ケリーウィークエンドらとのコラボ、はたまたジャスティン・ビーバーに提供した“Love Yourself”が先頃のグラミー賞にノミネート……と、常に華やかな話題/人脈に囲まれているエド・シーラン。だが、こうした裏方&客演仕事はあくまでも横道にすぎない。エルトン・ジョンも才能を認める現在25歳のこの天才シンガー・ソングライターは、わずか2枚のアルバムで世界の頂点へと昇り詰めた。デビュー作『+』(2011年)からは“The A Team”と“Lego House”が、2作目『×』(2014年)からは“Sing”“Don't”“Thinking Out Loud”“Photograph”が、いずれもミリオン・ヒット。“Thinking Out Loud”に至ってはグラミーまで受賞している。あまりに順調すぎて本人も怖くなるほど!? そんな若くしてすべてを手に入れた彼が次に取った行動は、何と1年間も休業することだった。アイスランド、アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドから日本まで、世界中を旅して周り、すべてをいったんリセット。そのうえで完成させたのが、このたびのサード・アルバム『÷』というわけだ。

ED SHEERAN ÷ Atlantic/ワーナー(2017)

 「燃え尽きていたんだ。不健康だという気もしていたし。だから1年ほど休みを取って世界中をガールフレンドと旅行したり、故郷の自宅で寛いだり……普通の生活に戻った感じかな」。

 しかし、その間も音楽制作から完全に離れていたわけではない。LAとロンドン、そして彼の出身地であるイングランドのサフォークで新作のレコーディング準備を粛々と進行。さらに豪華客船のクイーン・メリー2へ乗り込み、そこでも曲作りに励んでいたという。そんなこんなで、『÷』は国際色豊かな一枚に仕上がっている。まずは、今年の1月初めに解禁されるやいなや、英米の両チャートを制した先行シングル“Shape Of You”。ショーン・ポールをフィーチャーしたシーア“Cheap Thrills”のリミックス版っぽいアレンジが楽しい同曲で、トロピカル・ハウス以降のムードを吸い込むエドの姿に、驚いた方も多いのではないだろうか。

 「リアーナが歌ってくれることを想定し、彼女のために作りはじめたナンバーなんだ。途中から自分の曲になっちゃったけど、最初の段階ですでにカリビアンなムードがあったから、それは残しておきたかった。別に〈流行りのアレンジを施してみよう〉とか、そういうわけじゃないよ」。

 そしてもうひとつ、これまでの作品にはないカラーを見せているのが、ガーナで録音した“Bibia Be Ye Ye”だ。パーカッシヴで陽気なリズムが印象的なこの曲については、「たぶんポール・サイモンの『Graceland』の影響じゃないかな。南アフリカとガーナとでは地理的にも離れているけど、とにかくアフリカで録音したいと考えたんだ。現地の人たちと寝食を共にしながら制作したんだよ」と話してくれた。ただ本人は「最大のサプライズは“Galway Girl”じゃない!?」と予想する。

 「これはアイリッシュ・フォークのミュージシャンたちと共演した曲。アイルランドの血も引く僕としては一度やってみたかったことなんだ。もともとプランクシティのようなバンドが大好きだからね。ファンのみんなにとっては、かなりの驚きなんじゃないかと思うよ」。

  補足しておくと、プランクシティとは70年代から80年代初期にかけて活躍し、アイルランドの伝統音楽を革新的に鳴らしたグループだ。彼らのような大先輩をしっかり聴き込んでいるのも、エドの〈らしい〉ところ。時代の寵児でありながら、過去の音楽への造詣が深く、それらに敬意を示すことも忘れない。

 

もっとビッグになりたい

 エド本人と共同でアルバム全体の監修を務めたのは、馴染みのジェイク・ゴスリングではなく、前作にも1曲だけ参加していたベニー・ブランコブリトニー・スピアーズからマルーン5メジャー・レイザーパッション・ピットまでを手掛けるこの万能型の売れっ子プロデューサーが、エヴァーグリーンな魅力を放つ主役の歌メロと、新鮮なサウンド・プロダクションとの橋渡し的な役目を担っている。

 エドはアコースティック・ギターを弾きながら、時にラップし、時にトーキング調の歌唱も披露。ヒップホップのリズムにフォーク・サウンドを絡めたり、60sポップスのテイストやラテンのリズムなどを取り込んだり、あの手この手でリスナーをもてなしてくれる。巨大なスタジアムの夜景に映えそうなスケールの大きいピアノ・バラード“How Would You Feel(Paean)”においては、ゲストのジョン・メイヤーがダイナミックにエレキを轟かせ、かと思えば、ひとりひとりの心に沁み入るであろう部屋聴きにピッタリなスロウの美しさも特筆もの。休息期間で得た経験が、きっちりと音源に落とし込まれているように感じた。

 と同時に彼のこれまでの人生も投影され、ノスタルジックな回想ムードで酔わせてくれるのも今作のポイントだ。本国UKでは“Shape Of You”と同時にリリースされた“Castle On The Hill”(こちらは全英2位を記録)は、生まれ故郷のシンボルであるフラムリンガム城がテーマ。丘の上に建つその城に思いを馳せながら、郷愁に浸っている――そんなエドの様子が脳裏に浮かぶ。

 「『÷』のなかではわりと昔に出来た曲かな。3年ほど前に書いたものなんだ。過去の思い出を歌にすることはよくあるんだけど、この時はちょっとホームシックだったのかもしれないね」。

 半生を振り返りたい気分になったのは、学生時代から知るガールフレンドとの交際が順調なおかげでもあるはず。オーケストラを導入した“Perfect”について「特別な人のことを歌った曲だよ」と訊いてもないのに彼が教えてくれたので、〈過去の? あるいは現在の?〉と突っ込んでみたら、「いまの恋人に決まってるだろ!?」なんて照れ笑い。この“Perfect”がアルバム中でも一番のお気に入りだとか。いやはや、〈パーフェクトな彼女〉とは羨ましい限り。そこまで言うなら熱烈なエドのファンも、きっと2人の関係を応援したくなるんじゃないか!?

  それはさておき、アルバムの仕上がりには「凄く満足しているし、自信を持っている」と胸を張るエド。『÷』で彼の名声がいっそう高まることは間違いなさそうだ。でも、つい先日、海外雑誌のインタヴューで〈テイラーと一緒にビッグになりすぎた〉といったような後悔を匂わせるコメントを目にしたけれど……。

 「あの発言は抜粋されたもの。後悔なんて全然してないよ。もっとビッグになりたいし、大好きな日本でももっと大きな会場で演奏したいんだ」。

 そう嬉しそうに目を輝かせる姿が印象的だった。

 

 

『÷』に参加したアーティストの作品。

 

エド・シーランが参加した作品の一部を紹介。

 

次ページ各地で躍動する〈ポスト・エド〉な男たち
タグ
関連アーティスト
ポール・マッカートニー