COLUMN

サム・スミスやグラスパーらが賛辞送るSSWジョーダン・ラカイとは何者か? ネオ・ソウルの現在を体現する男の歩みを辿る

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.03.02
サム・スミスやグラスパーらが賛辞送るSSWジョーダン・ラカイとは何者か? ネオ・ソウルの現在を体現する男の歩みを辿る

現在ではハイエイタス・カイヨーテを筆頭に、ソウル~R&B/ジャズをモダンに折衷した音楽性を持つアーティストやバンドが少なからずいるオーストラリア。そのなかで、ハイエイタスに続く存在としていま注目を集めているのが、ブリスベン出身で現在はロンドンを拠点に活動するシンガー・ソングライターのジョーダン・ラカイだ。

2013年のEP『Franklin's Room』以降、自身の作品を発表する一方で、FKJディスクロージャー作品など多数のフィーチャリング仕事を通じて認知を広めてきたジョーダン。ネオ・ソウル的なサウンドを基調にしつつ、レゲエやアフロ風味なリズムなどを柔軟に採り入れた音楽性で、昨年6月にリチャード・スペイヴン(ドラムス)をゲストに迎えたことも注目を集めた初アルバム『Cloak』を発表、9月には日本盤化も果たした。そんな同作を携えて世界各地をツアーしている彼が、3月14日(火)・15日(水)に東京・COTTON CLUBで初の来日公演を行うことが決定。それに先駆けて、ここではジョーダン・ラカイのこれまでの音楽キャリアを振り返ってみたい。 *Mikiki編集部

JORDAN RAKEI Cloak Soul Has No Tempo/Pヴァイン(2016)

ダビーでエクスペリメンタルなスタイルの萌芽

昨年9月に日本国内でのリリースが実現したジョーダン・ラカイのデビュー・アルバム『Cloak』を取り巻く世評は、彼が包含する多様な魅力をそのまま映し出しているかのようだった。ジョーダンを賞賛する声と共に引き合いに出されていた主なアーティストは、ディアンジェロ、ハイエイタス・カイヨーテ、キングロバート・グラスパージェイムズ・ブレイクジェイミー・ウーンサム・スミスなど――要するにこのジョーダン・ラカイという男は、ネオ・ソウルの現在を体現すると同時に、いまをときめくイギリスのソウルフルな男性シンガー・ソングライターたち(サム・スミスは2015年3月に自身のTwitterで〈Big big fan of your work〉とジョーダンにメンションを送っている)、そして新世代のジャズ・アクトとも共鳴する感覚を持ち合わせているのである。

「僕はあらゆる音楽が好きなんだ。どんな音楽に惹かれたかを告白することはアーティストにとって少々危険を孕んではいるけれど、影響を受けた順でいうと……スティーヴィー・ワンダーボブ・マーリーマイケル・ジャクソンア・トライブ・コールド・クエストファット・フレディーズ・ドロップレディオヘッド、ディアンジェロ、ロバート・グラスパー、ニック・ハキム。彼らはずば抜けて素晴らしいアーティストだよ。でも、いま挙げたものとはまったく違うタイプの音楽やアートからもたくさん影響を受けていると思う」

ジョーダン・ラカイの2016年作『Cloak』収録曲“Rooftop”
 

ニュージーランドで生まれ、オーストラリアはブリスベンで育ったジョーダンは、2013年夏に同郷のユニット、イエスユーYESYOU)の“So Much To Give”で初レコーディングを経験後、同年9月にEP『Franklin's Room』でデビューを果たしている。同作のBandcampのページには〈r&b/soul〉〈soul〉〈hiphop〉〈neosoul〉などに加えて〈reggae〉のタグが付けられているが、収録曲の半分となる“Selfish”から“Living In The Past”に至る3曲では心地良いレゲエ・ソウルを展開していて、現在のジョーダンのシグニチャーであるダビーでエクスペリメンタルなスタイルの萌芽はすでにこの時点で聴き取ることができる。

「当時は音楽学校を卒業してはみたものの、どうやってミュージシャンのキャリアをスタートさせればいいかわからなかった。それで曲を6曲書いて、それらすべてを『Franklin's Room』としてリリースしたんだ。あれは自分で書いてプロデュースした最初の6曲だった。僕にとって、プロダクションと作曲を行うのはごく自然なことなんだ。そうすることによって、自分の歩んできた道を振り返ることができるのはいいよね。あのとき僕はまだ19歳だったし、ただ純粋に音楽を求めている感じだった」

『Franklin's Room』収録曲“My Time”
 

ジョーダンの転機はFKJ“Learn To Fly”やユーモ(YUMO)“Liquid”への参加を経た翌2014年8月、セカンドEP『Groove Curse』のリリースと共に訪れる。スクールボーイQ“Collard Greens”やフォーリン・エクスチェンジ“Can't Turn Around”への客演で知られるグウェン・バンをフィーチャーした“Street Light”、そして敬愛するア・トライブ・コールド・クエストに向けた粋なトリビュート曲“A Tribe Called Goverment”など、わずか1年で劇的な進化を遂げたジョーダンの深遠なソウル表現は、インターネットを中心に高い評価を獲得。ルイス・ベイカー“Just Want to Thank You”やLHA“Hyperspace”など、客演も徐々に増えつつあった彼はこの好機に乗じてロンドンへの移住を決意する。

FKJの2014年のEP『Take Off』収録曲“Learn To Fly”
 

「曲を作るときの絶対的な手法みたいなものはないんだ。『Groove Curse』にしても、そのとき好きだったことを書いて、そこからベストな5曲を選んだだけ。『Groove Curse』はヒップホップ色が強いから、制作中もすごく楽しかったよ。バッキング・ヴォーカルについての探究もしたし、自分のギターに対する愛情にも気付くことができた。ロンドンに拠点を移してからの変化は、もちろんすごくあったよ。ここに移ってきたことによって、音楽を作るうえでの優先順位が変わった気がするんだ。以前は、ただ音楽を作ってパフォーマンスすることだけだった。でも、いまは聴いてくれる人たちに良い影響を与えたい。自分のいまの環境も変えていきたいと思ってるよ」

 

ロンドン移住後の成長を踏まえた最新作『Cloak』

そしてロンドン移住後の2015年、ソーラ・ローザ“Til The Sun”やタクTa-ku)“Sunrise/Beautiful”、アルファ・ミスト“Hopeful”、トム・ミッシュ“Wake Up This Day”など、数々のアーティストとの交流を重ねて活動の幅を広げたジョーダンは、ディスクロージャーのセカンド・アルバム『Caracal』収録の“Masterpiece”への参加によって一躍その名を世界に知らしめる。ウィークエンド、サム・スミス、ロードミゲルグレゴリー・ポーターといった人気シンガーがずらりと並ぶ『Caracal』のなかにあって、ジョーダンは持ち前の幽玄なヴォーカル・パフォーマンスをもって確かな存在感を示してみせたのだ。

タクの2015年作『Songs To Make Up To』収録曲“Sunrise/Beautiful”
 

「“Masterpiece”のトラックは、ディスクロージャーやジミー・ネイプス(サム・スミス“Stay With Me”のプロデューサーとして名高い)と一緒に作った。彼らは〈いつも僕たちはビートを作ってからシンガーを選んで、後から歌を乗せるんだけど、君はプロデューサーだから君にとってのベストなやり方でやったらいい〉と言ってくれたんだ。とても光栄だったよ。彼らのアルバムに関わることができたことを、すごく感謝している」

その後ジョーダンは、ロシア、イタリア、ベルギー、ドイツなどヨーロッパ各国を巡る単独コンサート・ツアーを敢行(2015年の〈OnBlackheath Festival〉ではジャイルズ・ピーターソンが主宰する〈Worldwide〉ステージに出演)。こうしたライヴ活動と並行して作り上げたのが、2016年6月に満を持してリリースしたデビュー・アルバム『Cloak』になる。ホセ・ジェイムズフライング・ロータスとの共演でお馴染みの凄腕ドラマー、リチャード・スペイヴンとのコラボレーションを含む同作のサウンド・プロダクションについて、ジョーダンがもっとも配慮した点として真っ先に挙げたのは、ずばり〈リズム〉。実際、このアルバムではトライバルなビートとジョーダンの官能的なヴォーカルが相まった、トリッピーなサウンドスケープが大きな魅力になっている。

リチャード・スペイヴンが参加した『Cloak』収録曲“Cloak”
 

「僕はずっとサイケデリックやエクスペリメンタルが好きだった。フランク・ザッパピンク・フロイド、レディオヘッドとかも含めてね。いままで僕は曲の中に自分のアイデアを表明するようなスキルを持ったことがなかったけど、ロンドンに住んでからはそういうテクニックについても学ぶことができた。そして、それらを踏まえて自分の音楽制作に活かせるようになったんだ。『Cloak』はサウンドと歌詞との繋がりがより強いアルバムになっていると思う。できる限り自分に正直に、すべての曲の意味やそれぞれの瞬間をきちんと思い出せるようにしたつもり。それらはすごくパーソナルな事柄だから、みんなが僕の曲を楽しんでくれているのはとても嬉しいよ」

『Cloak』収録曲“Lost Myself”のスタジオ・ライヴ映像
 
『Cloak』収録曲“Still”のスタジオ・ライヴ映像
 

そんな『Cloak』を引っ提げて、現在精力的なライヴ活動を行っているジョーダンが、いよいよ日本に初上陸する。シェルドン・アグゥー(ギター)、トム・ガイ(ベース)、ジム・マクレー(ドラム)らアルバムと同じメンバーを伴っての来日公演ということで俄然期待が高まるが、昨年12月にはダン・カイ(DAN KYE)名義でディープ・ハウスブロークンビーツに挑んだEP『Joy, Ease, Lightness』を発表して『Cloak』のさらに先のヴィジョンをほのめかしていたジョーダンのこと、きっと今回のステージではネオ・ソウルの新しい可能性を垣間見せてくれるはずだ。

ダン・カイの2016年のEP『Joy, Ease, Lightness』
 
ジョーダン・ラカイの2016年の欧州ツアーの模様

 


ジョーダン・ラカイ来日公演

3月14日(火)、15日(水)@東京・COTTON CLUB
1st.show:open 5:00pm/start 6:30pm
2nd.show:open 8:00pm/ start 9:00pm
自由席:6,500円(テーブル席)
指定席:BOX A(4名席)8,500円/BOX B(2名席)8,000円/BOX S(2名席)8,000円/SEAT C(2名席)7,500円
★詳細はこちら

〈メンバー〉
ジョーダン・ラカイ(ヴォーカル/キーボード/ギター)
シェルドン・アグゥー(ギター)
トム・ガイ(ベース)
ジム・マクレー(ドラムス)