2017.03.10

今度のスクエアプッシャーはベースを弾きまくり! 2枚の強烈なピュア・エレクトロニック・アルバム『Ufabulum』『Damogen Furies』に続く新作は、2010年の『d'Demonstrator』で姿を現した覆面バンド・プロジェクト名義での一作だ。超絶技巧のメンバーたちが今回プレイするのは“Coopers World”“Don't Go Plastic”“Squarepusher Theme”など90年代のスクエアプッシャー曲が中心で、緩急自在で気持ち良くベースを操るリーダーに煽られ、メンバー各々も壮絶なプレイで応えるという圧倒的な展開。音数の多い複雑なドリルンベースすらも、凄腕ドラマーがタイトな演奏で難なく再現するというスリリングさもあり、体内の血が沸々と騒ぐ熱い内容である。もともとエレクトロニクスにベース演奏をプラスしてきたスクエアプッシャーだが、すべてが生の演奏になることで骨太なグルーヴや偶発性も加味。ロックやファンクのリスナーも虜にするだろう新たな魅力が引き出された興奮の一枚だ。

関連アーティスト
ポール・マッカートニー