2017.03.29

レパートリーにしたアンサブルに今ひとつ手が出ない。音色の美しさや演奏の精度には感心するばかりだが、リズムの窮屈さにどうしても我慢ができない。と、この手のアンサンブルになかなか目がいかなかったのだが、パキート・デリヴェラヨスヴァニ・テリーアドニス・ゴンザレスポール・コーエンによるVitral Saxophone Quartetの新譜を聴いてそんな先入観も少しほぐれそうだ。パキートの作品や、キューバの古典に加え、ダフニス・プリエトアルフレード・ロドリゲスのバンドのサクソフォニスト、ロマン・フィリウの作品を取り上げる。WSQに続く飛躍を期待したい!

募集