2017.04.13

「MUSIC STATION」出演時に見せたアカペラでのパフォーマンスがヤバすぎると話題になった“Cry & Fight”や、「仮面ライダーエグゼイド」の主題歌としても注目を浴びた“EXCITE”など、言わずもがなのキレのあるダンスとグッド・ミュージックで、改めてお茶の間を賑わせた2016年の三浦大知。その追い風を受けて届いた約1年半ぶりのアルバムは、音楽の聴き方が変わってきた現代の流れも意識し、楽曲ひとつひとつの良さを際立たせた内容に。開放的に仕上がったSOIL&“PIMP”SESSIONSとのコラボ曲“Rise Up”、浮遊感のあるトラックやヴォーカルから歪みのあるサビへと突入する“Darkroom”、少ない音数の中に響く巧みなコーラスやどんどん色を変えていくトラックも印象を残す“誰もがダンサー”など、いずれも名曲揃い。どこから再生しても素敵な仕上がりですが、夜明けのように気持ちを切り替えて前向きになれるオープニングの“Darkest Before Dawn”から順を追って聴くのがやはりオススメ!

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop