2017.04.19

新バンドでのファースト・アルバム。骨組みそのものはスリーコードやリフ一発だったりとシンプルだが、まるで即興のように次々と様相を変えるバンド・サウンドが実にスリリング。中尾憲太郎、小林瞳というリズム隊との相性が余程良好なのだろう、丁々発止から生まれるインタープレイと重量感あるグルーヴはなかなか他では聴けない類のもの。日常の風景と詩的なイマジネーションが溶け合う詞も快調だ。

関連アーティスト
美しい星