2017.06.13

レーベルを移籍して放ったミニ・アルバム。近作で目立っていたエレクトロニックな要素から離れ、バンド・サウンド中心の音作りへ戻っている。とはいえ単なる原点回帰ではなく、〈キャッチーキャッチー!〉と連呼する女声で始まる“CATCHY”は〈創作〉がテーマとも取れるメタな詞だったり、“テヲフル”はエレピを主体に切々と歌うラヴソングだったり。良い意味で型にはまらない持ち味が凝縮された一作だ。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集