TOPICS

シャギーの夏到来! 魅惑のしゃがれ声でレゲエ・シーンに不動の地位築くシンガーとBillboard Liveでパーティーしよう

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.06.22
シャギーの夏到来! 魅惑のしゃがれ声でレゲエ・シーンに不動の地位築くシンガーとBillboard Liveでパーティーしよう

25年以上ものキャリアを誇るレゲエ・シンガー、シャギーがBillboard Liveに登場。7月19日(水)にBillboard Live TOKYO、7月20日(木)にBillboard Live OSAKAに出演する。

68年にジャマイカのキングストンで生まれ、幼少期にNYへと移住したオーヴィル・リチャード・バレルが〈シャギー〉として注目を集めたきっかけは、93年にリリースしたシングル“Oh Carolina”のヒット。その後、95年の“Boombastic”で世界的な大ブレイクを果たし、2000年代に入ってからも“It Wasn't Me”(2000年)や“Angel”(2001年)など多数の人気曲を生み出しながら、レゲエ・シーンの第一線で活躍し続けている。

一聴しただけで、耳にこびりついて離れない独特のしゃがれ声は、デビュー時から今にいたるまで、さまざまなアーティストから必要とされ、ケニー・ドープやボブ・サンクラーといったハウス畑のDJから、シンディ・ローパーやカイリー・ミノーグ、メジャー・レイザーなどポップ・シーンにおけるトップ・ランカーたちまで、多くの音楽家たちの楽曲にフィーチャーされてきた。なかでも日本のリスナーにとって思い出深いのは、7月の都議選への出馬を発表したことでも話題を集めたleccaの2010年作『パワーバタフライ』に収録された“TARGET”への参加だろう。毎年、夏になるとラジオ各局で積極的にプレイされるオリジナル曲での認知のされ方はもちろん、客演キャリアでもシャギーは常に存在感を保ち続けているのだ。

つまり、2017年に暮らす多くの人々にとって、一度は耳にしたことがある歌声の持ち主がシャギーと言っても過言ではないだろう。栄枯盛衰の激しい音楽業界において、この息の長さは驚異的であり、その事実こそが彼の歌い手としての不朽な魅力を証明している。加えて、今回の来日は、先にもお伝えしたように夏真っ盛りの7月中旬。〈夏はレゲエ!〉なんて使い古された言い回しは禁じ手としたいが、今回の公演が〈最高の夏体験〉となることは約束しようではないか。

 


Live Information
シャギー

2017年7月19日(水)Billboard Live TOKYO
1stステージ:開場17:30/開演19:00
2ndステージ:開場20:45/開演21:30
サービスエリア 12,500円/カジュアルエリア 11,000円
★詳細はこちら

2017年7月20日(木)Billboard Live OSAKA
1stステージ:開場17:30/開演18:30
2ndステージ:開場20:30/開演21:30
サービスエリア 13,000円/カジュアルエリア 12,000円
★詳細はこちら

関連アーティスト