2017.07.18

前作に続き、またもミニ・アルバムとなった新作。以前のようにエレクトロニクスなどを用いた多面的なアプローチは鳴りを潜めて、ラウドでエッジーな方向へと一気に振り切れている。サウンドの猛々しさを好むリスナーにとっては彼らの最高傑作とも言えそうだが、同時に楽曲の構造から生み出されるダイナミズムや奥深さ、メロディアスな要素はより進化/深化しており、バンドとしての前進が強く刻み込まれた一作だ。

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop