2017.07.18

近年はKAKATOや蓮沼執太フィルでも活動してきたMCによる4年ぶりのソロ作は、冒頭の「古今和歌集」からの引用が象徴するように、日本語の韻律の美しさを追求した作品に。Shingo Suzuki、Arμ-2、三浦康嗣らのトラックも余白を活かした作りで、OBKRのセンシュアルな歌声が絶品な“ゆめのあと”、ささやかな幸福感を滲ませる蓮沼との“めでたい”など、言葉の響きを際立たせた端正な楽曲が並ぶ。凪のように穏やかで澄んだ名品。 

pagetop