2017.08.03

大幅なメンバー・チェンジを経て、4作目が登場。パンク色の強かった以前のサウンドから、キラキラした残響音を残して駆け抜ける甘酸っぱいパワー・ポップにシフトした印象。しかし単にポップなだけではなく、演奏やビートにはしっかりエッジが立っていて、ラモーンズなんかも連想させる。ハイトーンなヴォーカルとサウンドの瑞々しいアンサンブルは、幅広いリスナーに受け入れられること確実だ。

関連アーティスト