2017.08.17

KANDYTOWNからの次なるボムは、YOUNG JUJUが総監督を務めたMUDのソロ・デビュー作。全曲を手掛けるNeetzの手捌きによってクルーに共通する温故知新なフレッシュネスも全開になっており、サウンド的にはこれまでの各メンバー作品でもっともKANDYTOWN色が濃いと言えるかもしれない。男気のあるフロウと直球のソウル使いがドープな好反応を繰り返すなか、オヤG殺しな“Dallaz”が何より最高。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集