2017.08.18

ライヴなどで交流を深め、4年越しで作り上げた共作アルバム。多様な音の束が不協和音になる手前で持ちこたえるOlive Oilの独特な作法は、数あるラッパーとの共作中でもおそらく最高レヴェルだ。転調と共にトラックがカオスへ突入する“LIKE THIS”は、過去イチに最狂で、RITTOの畳み掛けるラップも迫力あり。これまた展開のあるビートに、ラップがテンションを上げる“国際チャンプルー”も問答無用だ。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集