DISC GUIDE

MR. SCRUFF 『Friendly Bacteria』(2)

なあみんな、スクラフの旧譜もよろしく!

MR. SCRUFF Mr. Scruff Pleasure Music(1997)

いまはなきロブズ傘下のレーベルから出した初めてのフル・アルバム(現在はニンジャからリイシュー)で、キャッチーでカラフルなダウンテンポの印象はそう遠くないもの。エイムらの作品で活躍したトランペット奏者のジョセフ・ウォードも参加していました。

 

 

MR. SCRUFF Keep It Unreal Ninja Tune(1999)

レーベル移籍第1弾となるセカンド・アルバム。舵取りに大きな変化はないけれど、マンチェ人脈のスニーキーら演奏メンツが増えたことで人懐っこさもアップした印象。同時期にニンジャ(ビッグ・ダダ)入りしたルーツ・マヌーヴァとの“JusJus”が聴きモノです。

 

 

MR. SCRUFF Trouser Jazz Ninja Tune(2002)

ゆるキャラがジャケにも出現してきたサード・アルバム。ユーモアのセンスをよりわかりやすく前に出し、グルーヴィーなジャジー・ブレイクスをイキイキと楽しく展開してくれます。テクニカル面の相棒となるアンディ・キングスロウが参画。

 

 

MR. SCRUFF Keep It Solid Steel Ninja Tune(2004)

これに前後してDJフード&DKヘクスタティックDJKENTAROらが出したミックスCD〈Solid Steel〉シリーズのひとつ。8090年代USヒップホップを下味にジャズUKブレイクスなどを一網打尽にし、自作以上にソウルフルな風情があります。

 【参考動画】Mrスクラフの『Keep It Solid Steel』に収録されているプレフューズ73の “Detchibe”

 

 

MR. SCRUFF Ninja Tuna Ninja Tune(2008)

チューンではなくツナというダジャレ級のタイトルに、かわいいキャラがぴったりはまった4枚目のアルバム。アリス・ラッセルアンドレア・トリアーナピート・シンプソンを迎えたシンガー路線の完成度の高さは新作のバクテリアを培養することに。

 

 

MR. SCRUFF & DJ SPINNA Southport Weekender Volume 9 SuSu(2012)

ジャザノヴァとのタッグで放った同シリーズの〈Volume 7〉から間を置かず、DJスピナと組んで起用されたミックスCD。ニンジャでのミックスよりさらに自由なチョイスを聴かせていて、ルーツィーな土着ブレイクスハウスもすべて巻き込んでガッチリとロックします!

 【参考動画】Mrスクラフ & DJスピナのSouthport Weekender Volume 9』に収録されているセオ・パリッシュの “Dan Ryan”

関連アーティスト
pagetop