2017.08.28

90年代の終わりから一貫してダビーなジプシー・パンクを演ってきたバンド。4年ぶりのアルバムでもスタイルを変えないカッコ良さが大いに発揮されている。多国籍&男女混合、使用する楽器も多岐に渡り、演歌チックなメロディーをガチャガチャと盛り上げていく。〈旅を続ける自分たちの良い部分も悪い部分もすべて詰まった作品〉とメンバーが語る通り、狂乱の隙間からブルーな物悲しさを覗かせているところにヤラれた。

 

関連アーティスト
pagetop