2014.06.04

絶好調の白酒師匠。毎日新聞落語会シリーズから第2弾CDをリリースです。今回は「抜け雀」に「船徳」を収録。どちらも数多の噺家達が演ってきたお馴染みのネタです。はたして白酒さんはどんなものに仕上げているのか、期待を胸にCDを再生。聴いてみて白酒さんは本当に落語が好きなんだなぁ~と思わずにはいられません。ところどころの勢い余ってという感じが、ライヴならではの熱気を伝えてくれる。落語はただの昔話ではなく、今もてはやされているお笑いにも引けを取らない、現在進行形の“お笑い”なのだと感じさせてくれます。白酒さんはやはり落語初心者の方におすすめ。この1枚はとくにそう思います。

【参考音源】桃月庵白酒による “つる”
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop