2017.09.13

彼の魅力は時流に合わせた器用なトラックメイクもさることながら、本人の歌唱によるところが大きいと感じていたのだが、セカンド・アルバムとなる本作ではやはりゲスト勢を一切排除。自身のヴォーカルを全編に渡って用い、持ち味のエレクトロニックなブギー・サウンドをさらに洗練させている。それでもディスコ一辺倒にならず、緩急自在に聴かせる工夫やメロディーメイカーとしての成長も見られ、聴き応えは十分だ。

関連アーティスト