INTERVIEW

パリピではなくインドアな夏―かせきさいだぁ×ザ・なつやすみバンド、帰宅部気質の2組が描いた〈放課後〉の風景

(左から)かせきさいだぁ、中川理沙、MC.sirafu(ザ・なつやすみバンド)
取材協力:上野萬屋酒舗
 

かせきさいだぁとザ・なつやすみバンドがコラボ・シングル“Quiet School”を発表した。夏のある日、遠い記憶を辿っていくうちに迷い込んだ放課後の教室で両者が出会い、その場で軽音楽部を結成したという設定のもと制作された同曲は、ザ・なつやすみバンドらしいトロピカルで叙情的な旋律&演奏に、かせきのメロウなラップが乗った、ノスタルジックでエキゾなサマー・チューン。7インチ・シングルでのリリースとなるので、お気に入りのレコード・プレイヤーを取り出し、夏の終わりの寂寥感を味わうとともに、じっくりと〈あの頃〉の思い出に浸りたい。

今回Mikikiでは、本シングルのリリース元となるタワーレコードの行達也を進行役に、かせきとザ・なつやすみバンドのMC.sirafu(スティールパン、トランペット)&中川理沙(ヴォーカル、ピアノ)を迎えた鼎談を敢行。角打ちマニアとしての顔も持つMC.sirafuにとって馴染みの居酒屋、東京・上野萬屋酒舗を舞台に、ビール・グラスを片手に行われた。

両者のそもそもの出会いは2015年に鹿児島で行われたイヴェント〈ナマ・イキVOICEアートマーケット〉。初見こそじっくり会話を交わすことはなかったが、以降じわじわと親交を深めていった。この後のインタヴューにある通り、〈毎日が夏休みであれ!〉を信念に結成されたザ・なつやすみバンドにとって、95年の初作『かせきさいだぁ≡』に収録された代表曲“じゃっ夏なんで”をはじめとして、数々のナンバーで独自の情緒溢れる〈夏〉を表現し続けてきたかせきは〈夏界の大先輩〉とのことで、かねてより共演を熱望していたそう。そんな満を持してのコラボレーションとなった本作が出来上がるまでのストーリーを、たっぷり訊いた。

かせきさいだぁとザ・なつやすみバンド Quiet School towervinyl(2017)

ちょっと違うベクトルのサマー・チューンにしたい

――“Quiet School”ですが、ちゃんとかせきさんのいいところとなつやすみ節がミックスされていますよね。

MC.sirafu「……いいの出来ましたよねえ」

かせき「うん、思ったよりいいの出来た(笑)」

MC.sirafu「サマー・チューンって近年ちょっと流行ってますけど、わりと初めの打ち合わせの段階で、かせきさんが〈最近よくあるようなのじゃない、ちょっと違うベクトルのサマー・チューンにしたい〉と言っていて」

かせき「言いました? そんな生意気なこと(笑)」

MC.sirafu「いわゆる〈今っぽい〉サマー・チューンを期待されがちだと思うんですけど、それには応えたくないというか……まあ、かせきさんは〈夏〉というジャンルでは大先輩ですから」

かせき「ああ、夏界での(笑)」

――TUBEの次くらいでしょうか(笑)?

MC.sirafu「自分でそういう自覚はあるんですか?」

かせき「そう言われ続けてるんだけど、自分ではそうかぁって感じかな」

――段々その気になって。

かせき「その気にはそんなになってないです(笑)。でも今回の僕のアルバム『ONIGIRI UNIVERSITY』ではそれに応えようかなって気持ちはちょっとありましたね。で、こっち(“Quiet School”)では思いきり裏切って(笑)」

MC.sirafu「アルバムのほうでもちょっと裏切ってる感じしますけどね」

かせき「普通にやると思いきり裏切っちゃうから、がんばって寄せました」

かせきさいだぁの2017年作『ONIGIRI UNIVERSITY』収録曲“Choco that I know girl”
 
同アルバム収録曲“カンフーダンス”
 

――『ONIGIRI UNIVERSITY』と、“Quiet School”の関連性は特になく?

かせき「制作時期がほぼ一緒で、アルバムを作り終わるくらいの頃に“Quiet School”に取り掛かったので、繋がっている感じはしてます。アルバムの最後の曲が出来るの遅かったから、その間にこっちを作って。本当はこの曲をアルバムにも入れてくれって言ってたんだけど、発売日とかの関係で断念して」

――え、アルバムに入る予定だったんですか?

かせき「はい。〈入れて〉って」

MC.sirafu「(笑)。オリジナル・アルバムの制作中に作った別の企画ものやシングルって、おもしろいものになったりしますよね」

 

“孫”か“マツケンサンバ”か“スシ食いねェ!”

かせき「それでどんな曲にしようって打ち合わせした時に話してたのは、〈エキゾチックに〉ということだったよね。エキゾチックで夏な感じの曲って意外とあまりないかなと。自分でも作りたくても作れないし、なつやすみバンドはsirafuくんがスティールパンも叩けるから」

MC.sirafu「あとは〈名曲(迷曲)にしよう〉とも言ってましたよね」

かせき「えっ、僕が?」

MC.sirafu「はい」

かせき「フフフ(笑)。図々しい。恥ずかしい(笑)」

MC.sirafu「〈例えば“マツケンサンバ”みたいなの〉って言ってましたね」

かせき「あ、そうそう。〈迷曲〉ね」

中川「かせきさん、“孫”とも言ってましたよ」

――ベクトルがよくわからない(笑)。

MC.sirafu「でもなつやすみバンドのベクトルはそっちなんですよ。“孫”と“マツケンサンバ”は僕らも大好きで、それをかせきさんが言いだした時にもう大丈夫だ!と思った(笑)」

一同「ハハハ(笑)」

かせき「“孫”か“マツケンサンバ”か、あと“スシ食いねェ!”。そういうのを作りたい。そういえば吉幾三さんの“俺ら東京さ行ぐだ”も冗談で作った曲で。千昌夫さんと吉幾三さんが呑んでて、酔っぱらって吉さんが歌ったのを聴いて千さんが〈それすぐ出せ〉って言ったらしいんですよ。めちゃくちゃ売れるぞって。それで出したら大ヒットした」

中川「へえ~いい話ですね。なんでそんな話知ってるんですか?」

かせき「吉幾三が好きだから(笑)。彼の姿勢が好きなんです。ある時TVでインタヴューされてるのを見たら、〈ホントはステージで歌うのは好きじゃない〉って言ってて。家にスタジオがあって、そこでちくちく曲を作ってレコーディングするのが好きなんだって。もうそれブライアン・ウィルソンじゃん。それを聞いてから、発言含めチェックするようになったね。〈ワークマン〉とかCMソングもよく作ってるけど、全部いい曲だから」

MC.sirafu「ラッパーとして影響受けてたりします?」

かせき「あ、そうかも(笑)。彼の姿勢とか、ラッパーとして尊敬してるのかも。一見ギャグっぽく見えるけどビートも効いてますよね。東北のほうの人だからなのか」

――でも確かに、あれだけマッシュアップされてる人も珍しいですよね。

かせき「たぶん100年後には偉人になってますよ。“Quiet School”の話に戻ると、自分のラップのパートは大体16小節くらいだろうと、家で寝転がりながら思ってたんですよ。それとサビをちょっと歌うくらいだろうなって。それで曲が届いて聴いてみたら」

MC.sirafu「〈ラップ多くないすか?〉って(笑)」

かせき「ちょ、ちょっと待って、って(笑)。紙に書き出して、ここのパートとここのパートとって数えていったら、もう何小節ラップするの?って(笑)。24、36小節くらい?」

――最初はそんなつもりじゃなかったと(笑)。中川さんは自分の歌うところでアイデアを出したりしたんですか?

中川「あんまり出してないですね。今回はsirafuさんがトラックを作ってくれて、ラップも結構直前までなかったんです。どうなるのかがホントにわからないくらいでレコーディングしたので、おもしろかったですね(笑)」

MC.sirafu「なつやすみバンドも一応仕事の分担があるんですよ」

中川「sirafuさんが作るときは私は間奏やCメロを担当することが多いです」

MC.sirafu「直近の仕事がNHKのもので、中川はそういうのが得意で。なので今回みたいにちょっと前のめりな、挑戦的な要素を僕が足す役を担うときもあります」

中川「そんな中でも一部のコード感とかはやってって言われて、調整したりはしますね」

★ザ・なつやすみバンドの2016年作『PHANTASIA』リリース時のインタヴュー

『PHANTASIA』収録曲“Odyssey”
 

――ちなみにsirafuくんは最近サンプラーを買ったとのことで。“Quiet School”でもサンプリングを採り入れていますが。

MC.sirafu「はい。この歳でついにMPCを買ったんですよ」

かせき「へ~。僕、99~2000年あたりに、訴えられたら大変なことになるからサンプリングしないでくれって(スタッフに)言われて、何も作れなくなっちゃったことがあって。それで誰の曲だったらサンプリングしていいの?って訊いたら同じ事務所のキリンジしかいないと。キリンジだけをサンプリングして作るアルバムって頭おかしくない? それキリンジでしょ、もう(笑)」

一同「ハハハ(笑)」

かせき「それで作れない間、仕方ないからずっと絵を描いてたんですよ。どうしたらいいかねえ~って」

MC.sirafu「それで絵を描けるのがいいですよね」

かせき「もう必死。何がお金になるかなって(笑)。そしたらそのうちにバック・バンドをやりたいってハグトーンズのメンバーが言ってきて、これでやっとサンプリングしないで曲が作れるなと」

MC.sirafu「そのあたり、“Quiet School”ではわりとうまくやってますね(笑)。多くは語りませんが(笑)」

――サンプリングってすごくおもしろい文化だと思うんですけど、そういう著作権の問題が厳しいので、採り入れるのはなかなか気軽にはできないですよね

かせき「そうですよね。僕がサンプリングをやめろと言われた当時、ツボイくん(illicit tsuboi)が〈今はもうヒップホップは金持ちにしかできない〉って言ってましたね。サンプリングする使用料を払えるお金持ちの、売れっ子のアーティストしかできない手法だと。じゃあできないじゃん!って」

――DJで曲を繋ぐ時のあの違和感というか、ああいうおもしろさって生演奏だけじゃできないですし。

かせき「ハグトーンズにも元ネタのこの曲にこの曲をくっつけてって頼んだりするんですけど、綺麗に繋ごうとすると〈綺麗に繋がないで〉って注文しますね。雑にぼこーんって変わっちゃっていいからと」

――『ONIGIRI UNIVERSITY』もサンプリング自体はしてないけど、そういうムードのあるアルバムだと思いました。

かせき「ああ、サンプリングかのような。確かに一曲にある元ネタの数はハンパないですね。何曲もぶちこんであって、それをバンドで全部演奏していますし」

中川「かせきさんの曲を聴くとアニメや映画を観ているような気分になるんですが、モチーフになったりするような好きなアニメってありますか?」

かせき「ほえ~、そんなイメージ持ってくれてるんですね~。アニメも映画も大好きだけど、詞や曲のモチーフにはなってないかもしれないですね、そういえば。実は現実の想い出そのままだったり、ちょっと変えたり、膨らませたりして書いてますね。物覚えは凄く悪いんだけど、ザラッとした瞬間とかフワッとした瞬間とかはずっと覚えてたりして。単純に好きなアニメだったら『超時空要塞マクロス』です」

『ONIGIRI UNIVERSITY』トレイラー
 
次ページ負け組の夏もある
タグ
40周年プレイリスト
pagetop