ホームカミングス福富のニューキッズオンザブロック! From中立売

夏の終わりの「キングス・オブ・サマー」とホームサイエンス 、ホムカミのワンマン・ツアーと台湾の最高バンドDSPSのこと

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.09.06

Mikikiをご覧のみなさまお久しぶりです、Homecomingsの福富です。すっかり涼しくなってきて嬉しい今日この頃、昔から夏苦手なんですよね僕ったら。あんまりいい思い出ないし、何より暑いと散歩あんまりできないしね。そんな僕でも最高にグッときたのが今公開中の映画、「キングス・オブ・サマー」です。もう観ました?

画面上の絵がものすごくいきいきとしていて、シンプルにすごく楽しい映画なんですけど、ところどころに色々な痛みや寂しさが映り込んでいて、それが映画の最後に流れるYouth Lagoonの“17”で画面に滲むように溢れてきて堪らなかったです。

ユース・ラグーンの2011年作『The Year Of Hibernation』収録曲“17”

 

そんな夏の終わりにぴったりなのがこのバンド。

ホームサイエンスの2001年作『Main Sprit Weind』収録曲“You Never Appreciate Summer”
 

うーん良いタイトル。

ホームサイエンスの2001年作『Main Sprit Weind』収録曲“Smoke”
 

最高。それにしても〈Homescience〉というなんとも他人とは思えない名前のこのバンド、調べても調べても全然情報が出てこないです。見てくださいよ、この再生回数。いいね!も僕がつけたやつです。なんて可愛いやつなんだ! 一生愛す。大学生の頃、レコードプレイヤーを買ってすぐぐらいの時期に、京都のロマン商店っていうレコード屋さんで100円7インチコーナーで見つけてなかったら、絶対に出会うことはなかったであろうバンドですね。

一番好きなのは最初に買った7インチに入ってたこの名曲。大事にしていたその7インチは原田くん(Hi, how are you?)が山形に帰っちゃう時にプレゼントした。僕はロマンチックな奴だ。

ホームサイエンスの2001年作『Main Sprit Weind』収録曲“Dumbangel”

 

さてさて9月になりまして、僕たちHomecomings久々のワンマンツアーがスタートです。

Homecoingsの2017年のEP『SYMPHONY』収録曲“PLAY YARD SYMPHONY”
 

その名も〈PLAY YARD SYMPHONEY TOUR〉。いつだってシンプルが一番。小細工なしの熱いライヴになる予定。〈白あんメロンパン〉〈悪魔使い〉につぐ、名作MCは誕生するのか? 乞うご期待。今のところ〈渋谷のサンダーキャットたち〉〈ゴスペル〉の二本が披露される予定です。個人的にまだ見ぬ引っ越しの為に断捨離モードに突入中なのでCDとかレコードとか機材とか適当に売り出すかも。いつ買ったか覚えてないandymoriのレコード、メルカリで見たらめちゃ高くなっててすぐにしっかりしたビニールに入れ直しました。ラッドの“もしも”のシングルCDは昔とそんなに値段変わってなかったけどバンプの“ランプ”はめちゃくちゃ安くなっててがっかり。どっちも地元のブックオフで100円で買いました。あの時僕は世界中に自慢したかった。

もちろんニューなグッズもスタンバイ。その中でも7インチが個人的におすすめです。台湾の最高のバンドDSPSによるグッドすぎるremixは必聴中の必聴。

DSPSはこんなバンド。

DSPSの2016年のEP『我會不會又睡到下午了 Sleep till Afternoon』
 

めちゃくちゃ最高。台湾に行った時に一緒にライヴして、そこからずっとライン友達です。スーパーカーがめちゃくちゃ好きで、好きすぎてラストライヴのDVDを未だに観ていないらしい。フジロック観に来てくれたのはマジで嬉しかった。台湾にはとても良い音楽を作っている人たちがたくさんいて、僕にとっては憧れの場所だったりもする。台湾の音楽についてはまた今度書こうと思います。

そんなワンマンツアーですが、家から一歩も出たくない!というあなたの為にメール予約も始まったそうです! 家から出てチケット買ってくれたみなさんには当日グッドなステッカーが付く予定。どっちを選ぶかは君次第だけどとにかく全員集合、とのこと。

短いけど今回はここまで! 次回はもうすぐ届くはずのハル・ハートリーのBoxセットの話か京都のかけそばグランプリをお届けします。あ、あともうすぐはじまるシャムキャッツのツアーも全員行った方がいいです! 行けばわかるから!

 


Live Information
〈Homecomings “PLAY YARD SYMPHONY” TOUR〉
2017年9月7日(木)愛知・名古屋 TOKUZO
2017年9月8日(金)大阪・梅田 シャングリラ
2017年9月9日(土)東京・渋谷 WWW
2017年9月15日(金)福岡the voodoo lounge
2017年9月16日(土)広島BANQUET (SPACEO92)
DJ:ぬるま湯よしだ/のりんちょ (グッドネイチャー部!)
★詳細やその他のライヴ情報はこちら

【プロフィール】
福富 優樹

福富 優樹 (ふくとみゆうき)

京都の4人組バンド、Homecomings唯一の男子でギターと作曲と作詞をヴォーカル畳野と共に担当。普段はCD屋さんでせっせとレジを打っています。1番好きなバンドはスピッツかペイヴメント。好きな漫画は〈タンタンの冒険旅行〉シリーズかエイドリアン・トミネ。好きな作家はスチュワート・ダイベックで、好きな映画は「トゥルーマン・ショー」と「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」。

タグ
関連アーティスト