COLUMN

カマシ・ワシントン『Harmony Of Difference』 コンセプチュアルなミニ・アルバムを携えて、またまたカマシはカマしてくれるぜ!

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.09.29
カマシ・ワシントン『Harmony Of Difference』 コンセプチュアルなミニ・アルバムを携えて、またまたカマシはカマしてくれるぜ!

KAMASI WASHINGTON
コンセプチュアルなミニ・アルバムを携えて、またまたカマシはカマしてくれるぜ!

 2015年にリリースされ、その年を代表するアルバムのひとつとなったカマシ・ワシントンのファースト・アルバム『The Epic』。スヌープ・ドッグやケンドリック・ラマーとの仕事歴、ブレインフィーダーからのリリースというバックグラウンドも注目を集めた要因には違いないが、そういった前情報に引き寄せられたリスナーを包み込んで離さないほどのスピリチュアルな音世界が底に用意されていたことがもっとも重要なのは言うまでもない。その後もカマシの名声は多方面に広がり、盟友サンダーキャットらと並んでモダンな音楽シーンの最重要人物のひとりとなった。ここしばらくだけでもラン・ザ・ジュエルズやトレヴァー・ローレンスJr、イベイーらの作品に参加していて、その活躍の場がどんどん広がっているのは明らかだ。

KAMASI WASHINGTON Harmony Of Difference Young Turks/BEAT(2017)

 そんななかで今回リリースされたのが6曲入りのミニ・アルバム『Harmony Of Difference』だ。ヤング・タークスに籍を移した格好になっているが、制作環境や体制に大きな変化があるわけではない。テナー・サックスのカマシ本人を中心に、ベースにマイルス・モズリー、ドラムスにロナルド・ブルーナーJrとトニー・オースティン、鍵盤にブランドン・コールマンとキャメロン・グレイヴスというネクスト・ステップ仲間の陣容は前作とほぼ同じ。彼らを従えて5曲が録音され、先行で配信リリースされていた“Truth”のみサンダーキャット(ベース)やテラス・マーティン(アルト・サックス)、マット・ヘイズ(ギター)らもそこに加わっている。エモーショナルなオープニングの“Desire”から個々のプレイヤビリティーが押し寄せ、印象的なテーマを奏でながら作品世界のスケールを広げていくが、それらを融合する第6楽章として控えているのが、先述した13分半に及ぶ大曲“Truth”だ。壮麗なオーケストラや雄大なクワイアをバックにしたアップリフティングなここでの展開は、アフロ・スピリチュアルな『The Epic』路線からさらに一歩進んだフュージョン的なポップささえも窺わせるほどの出来。ミニ・アルバムと呼ぶにはあまりにも濃厚な本作をもって、カマシ・ワシントンの名前はさらに大きくなっていくだろう。

カマシ・ワシントンの参加した近作。